ミズノ MP-68 アイアン
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:スポーツ

やっぱり、ミズノの軟鉄鍛造アイアンはフォルムといい、すばらしいものがありますね。
伝統的なマッスルバックのフォルム、その美しさを大切にしつつ、アマチュアでも使いきれるように、徹底的に重心設計やらを考えて、いまどきのやさしいマッスルになっているような感じです。

icon
icon
また、マニアックなポイントですが、従来3Iには40インチのシャフト(DG)が装着されていたのですが、今回の新製品から、0.5インチ長い仕様のが装着されるとか。先端はノーカットとのことなので、打った時の効果として、「1/3〜1/4フレックス軟らかく」感じるようです。

いわゆる、番手ずらし、というやつですね。たとえばX−100を装着していても、フレックス的にはSX相当の硬さに仕上がるというやつですね。

なので、NS950では頼りないけど、DGのS200じゃ硬すぎるかも・・・というかたでも、実質SR200くらいに感じるので、敷居は低くなるんじゃないでしょうか。
(注)実際には、SR200なんてモデルは、DGにラインナップは無いのですが。

そうは言っても、マッスルはマッスルなんで、ハイテク武装されたチタンのアイアンのような楽に打てるクラブではありませんが、軟鉄の打感が大好きな方、上昇志向の方にはお勧めできるアイアンじゃないでしょうか。

かく言う私も、マッスルバックを使い出して、アイアンのウデは明らかに上ってきた感じです。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 21:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
衝動買い・・・
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
私はここ数年、パターはクリーブランドのピンタイプを使っていたのですが・・・

ここ数ラウンドでショートパットに苦しみ、若干イップス気味。
そんなこともあって、ショップに行くたびにパターを物色。そんな中で、Yes!のC-グルーブに好感触をもっていたのだが、いかんせんお値段が張る。

キャメロンやZOMOのようなびっくりする値段ではないが、廉価モデルもなく、大体が2万円前後の値付け。ちなみに定価だと29400円がほとんど。
買うとしたら7月の車検を終えてからか・・・と思っていたのだが・・・

今日、立ち寄ったゴルフ5で見つけてしまったのです。
ゴルフ5へはレインウェアを買うつもりで行ったのだが、例によってパターコーナーを物色していると、C-グルーブパター オリビアiconを発見。ためしに打ってみると、やっぱり転がりもいいし、ラインも出しやすい。が、値段も張るのかな・・・とおもって値札を見ると、なんと9800円!!
Yes!パターの新品が、諭吉さんでおつりが来るとは・・・

思わず、店員を呼んで「ホンマにこの値段!?」と聞いてしまいました。

結局、レインウェアは一番安物を購入し、C-グルーブパター オリビアiconもお買い上げ。


icon
icon

実は、パターを新品で買ったのって、一番最初の初心者向けセットを除けば初めてだったりする・・・

さっそく、明日の京阪カントリーで実戦デビューである。

ちなみに、明日のラウンド、アキラのユーティリティーのお試しラウンドでもある。が、パター買っちゃったので、UT作るのは夏以降か?
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 22:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
プロジェクトUTのつもりがFW
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
先日、1Wと5Iの中間に当たるクラブをつくろうって算段でなじみの工房で何本か試打クラブを借りて帰ったのだが、当初はユーティリティーで行こうと思っていたのが、話が変わってきた。

というのも、工房で借りたのが22度のウッド型ユーティリティーと17度のフェアウェイウッド。
ちなみにどちらも大阪のメーカー・和宏エンタープライズのMysteryシリーズのヘッド。
で、試打してみた結果が・・・

ロフトが違うので直接の比較ができるわけじゃないのだが、どっちもそれなりに感触がよかったのである。

それに最近通っている高雄ゴルフクラブのレッスンプロに相談してみたところ、お勧めのセッティングは4W・7W・UTとつなげるのがよいそうで、私の場合はスイング的にまったくFWが打てない訳ではなく、苦手意識がついているだけ。構えてフィーリングがしっくりくるものをちゃんと選べばFWでも問題ないとのこと。
*最も、長いクラブはオーバースイングの癖が少々残るが。

予算の都合上、ひとまずは7W近辺のクラブを作ることに。
チョイスしたヘッドはMysteryのC-HT211ツアーモデル。で、ラインアップが12.5度〜20度ということで、19.5度で作成。シャフトに関しては、今の5WにつけているDGLite−X100を流用。
これだとヘッド代+工賃だけでいける寸法だ。

で、ちょうど計ったように、同じモデルで16.5度の中古ヘッドが工房に残っていたので、一気に4Wも作ることにした。

けっか、今回作成したクラブのセッティングは、
4W・・・Mystery C-HT211Tour16.5度(NS-PRO GT700のS)
5W・・・Mystery C-HT211Tour19.5度(DGLite−X100)
といった感じである。
ちなみに、2本でお値段5万円なり。シャフトやヘッドでうまく中古の流用ができたので、安くすんだ。
すべて新品だったら、7万5千円はかかっていたところである。

今朝、出来上がったクラブをとりに行って、早速練習場に繰り出したが、結構な好感触である。

一昨年から、クラブのオーダーメイドに着手してきたわけだが、それで思ったことが二つ。
・オーダーメイドでもそれほどお金はかからない。一流メーカーの新品を定価で買うのと変わらない。
・オーダーしたクラブで練習していると、あわないクラブで練習しているよりも上達の度合いが早い。
というのが、ここ1年半での感想である。

ちなみにこれでもクラブは13本。5Wと5Iの間が開いているので、頃合を見て23度前後のUTを作成予定である。候補はMysteryのUT、アキラのプロトタイプ、EPONのAF−901あたりである。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 23:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
プロジェクトUT再始動!
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
私のクラブセッティングは今のところ、
1W・・・X−Drive(GT600−X)
3W・・・アメリカン工房(TD03−S)
5W・・・アメリカン工房(DGLite−X100)
5I〜PW・・・藤本技工マッスル(DG−X100)
50,54,58・・・藤本技工F2ウエッジ(DG−X100)
PT・・・クリーブランドクラシック
という具合なんだが、どうもFWが調子がよろしくなく、コースで刻みたいときに使っても、ドライバー並みに曲がって確率がぜんぜんよろしくない。

リシャフトしたとはいえ、元が安物のいいヘッドではないし、極端に大きく、FPの大きいヘッドなので、パワーがなく、ボールを上げたい人にはいいヘッドかもしれないが、私のようになまじ馬力があると、結構シビアになってしまう。

それで、年末から検討をしたのが、3Wと5Wを捨てて、5W相当のクラブを作り直してみようという話。

で、いろいろショップを回って試打してみたりしたのだが、いまいちFW自体がしっくりこないのである。
で、試してみたのがウッド型のUT。これが以外に好感触で、ショートアイアンを打つような感覚でいける。

ということで、いつもの工房に連絡して、よさそうなヘッドを探してもらっていて、今日工房に顔を出す予定である。試打できるものがあれば、借りて帰ろうか・・・

まあ、そのクラブを作っても、5W相当のものと5Iの間はあいたままだし、3W相当のものも、そのうち必要になる。

が、すべては今回の5W相当のものしだいである。まずは1本作って、その前後をどうするかはそれから決めればよいのだ。

ちなみに、今のセッティングで18日にラウンドしてきたが、結局FWは使わず、ドライバーと5I以下だけで、何とか100で回ってきたので、あわてて全部そろえる必要もないのである。
で、まずは1Wと5Iの中間に当たるクラブをつくろうって算段である。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 14:10
comments(3), trackbacks(0), pookmark
プロジェクトDR シャフト決定!
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
つい先日始動した、ドライバーとユーティリティーのセッティングだが、ドライバーの方は早々に結論が出た。

先日のレッスンでは日本シャフトのGT600のXが好感触だったのだが、河川敷に持ち出して使ってみてもなかなかの好感触。

スコア的には、GT600を使ったハーフの方が悪かったしOBも多かったのだが、それは明らかに『悪いスイングをしたから悪いボールが出た』というのが感覚として分かったし、それを踏まえてOBの打ち直しでは修正できたというのが好感触の要因。

もう一つのシャフトのほうは、結果としてOBは出なかったものの、なんだかタイミングが合わず、トップ球ばかりだった。あくまでも河川敷なので、トップ球の場合スコアに直結するような大怪我になりにくく、自身のフィーリングとスコアが反比例してしまう結果になっただけの話である。つまり結果オーライ。

フィーリングと結果がかけ離れた道具じゃあ、気色悪くて使えませんよね。

ってなわけで、ドライバーの方は工房に預けて、早速リシャフトしてもらうことにした。出来上がりは来週の中盤になる模様。

なんともありがたいことに、この日本シャフトのGTシリーズは非常にリーズナブルなシャフトで、交換の工賃を入れても2万円はかからないというのだから驚きである。

ま、シンプルなシャフトで特殊な技術や素材を使っているわけじゃないからリーズナブルってことも言えるでしょうね。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 00:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
プロジェクトDR&UT始動!
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
2月はぎっくり腰のため、マトモに練習できなかったのだが、終盤になってようやくクラブが振れるようになって来た。
そこでクラブのセッティングについて、コーチと相談していたのだが、当面の課題が2つほど持ち上がった。

まずは、セッティング全体を見ても、ドライバーのシャフトにディアマナS83のSでは、堅さはともかく重過ぎて、振り負けてスライスになったり、逆に力みすぎてチーピンになってしまうなど、の弊害があるので、もっと軽くてしっかりしたシャフトにしたほうが良いんじゃないか、というのが1点。

もう一点が、5番アイアンと5番ウッドの間を埋めるユーティリティークラブがヤッパリ必要じゃないかという点。

それを踏まえて、先週末にいつもお世話になっている工房にお邪魔した。

ユーティリティーについては、既に持っている旧式のツアーステージ X-BLADE ユーティリティiconをリシャフトすることも考えたのだが、ロフトが18.5度と立っていて、軟鉄なのでネックはいじれるが、無理にロフトを寝かしてしまうと打ちにくくなる、ということだったので、流用は断念。流用するなら、5Wと距離がかぶるのでそれの代替クラブということになる。
なので、新規で作る方向で話を始めたが、3月上旬にとあるメーカーから新作ヘッドが出てくるということなので、その実物を見てからユーティリティーは選定に入ることに。

そしてドライバーについては、コーチに指摘された点を伝えたうえで、2本ほど試打用のクラブを貸してもらった。
1本はコンポジットテクノ株式会社のクアドラ レッドシリーズいうもので、メジャーではないが4軸構造のもの。
もう一本が日本シャフトのGT600のXである。

早速、今日のレッスンでこの試打クラブを打ってみた。

結論から言うと、GT600のXが非常に好感触。コーチいわく『至って特徴の無いシャフト』ということだが、私にはそういうシャフトの方が良い様で、コーチから見てもGT600の方がタイミング良く振れているとのこと。
残念ながら、クアドラ レッドの方はちょっと頼りない印象。タイミングもイマイチ合わなかったし、弾道もややふけ上がり気味。4軸シャフトというのは実際の振動数の割には柔らかく感じるシャフトのようで、その辺で私には合わなかった様だ。

まあ、1回で決めるわけにも行かないので、もう1回くらいは試してから試打クラブを返そうと思う。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 17:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
プロジェクトMB アイアンセット完成!!!
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
ついに、ついにこの日がやってきました!\(^o^)/

発注していたアイアンセットがやっと完成したのです。

・ヘッド:藤本技工のS20Cマッスルバック
・シャフト:DynamicGold X100
・グリップ:『DAカラー・ソフトコード・レッド』(下巻き5〜6回)
・ロフト:5番26度、PW46度で間は4度ピッチ。
・重量:5番で435g、バランスはD1.1
*重量が重く、バランスが軽いのはグリップの下巻きが多いためである。

若干写りは悪いが、出来栄えはこんな感じである。
アイアンセット1
アイアンセット2
今日の午後に受け取ったばかりなので、まだ打っていないが、試作品を充分に打ち込んでいるので期待は出来る。いきなり伏見桃山辺りのパブリックにでも繰り出そうかと思案しているところだ。

ちなみに、6本セットでお値段は85000円お金なり。運良く中古のシャフトがあったからとはいえ、下手に既製品を買うより安く上がってしまった。これでグリップの太さやらライ角やら、果てはFPなどの細かい部分のスペックもびしっと決まったクラブを作ってもらったんだから、安い買い物である。

ちなみに、ウエッジも中古のシャフトを挿したので、3本で43500円お金でした。

これでひとまず『プロジェクトMB』も完結である。

ただし、現在のところ私のクラブセットは13本。あと1本をどうしようか。4アイアンを作るかユーティリティーを作るか・・・。ひとまずは新品のアイアンセットを存分に打ち込んでから考えることにする。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 23:05
comments(1), trackbacks(0), pookmark
プロジェクトMB アイアンセット発注
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
ウエッジもやっと完成し、いよいよ本丸のアイアンセット。

試作した7番アイアンの感触も踏まえて、こんな感じで発注した。

・ヘッド:藤本技工のS20Cマッスルバック
・シャフト:DynamicGold X100
・グリップ:『DAカラー・ソフトコード・レッド』(下巻き5〜6回)
・ロフト:5番26度、PW46度で間は4度ピッチ。

なお、シャフトに関しては『番手ずらし』という手法を用いることにした。
『番手ずらし』とは、4番アイアン用のシャフトを5番アイアンの長さにカットして5番アイアンに挿す、以下の番手も同様に、一つ上の番手用のシャフトを挿して行く、というもので、ツールテンパー社の推奨しているスペックよりも若干柔らかめに仕上がるというものである。それでも、X−100からS−300にするほど柔らかくなるわけではないので『SX−100』ってな感じのスペックになる。

ちなみに、大手メーカーではこれを2番手ずらしてやっている所もあるらしい。

ヘッドの仕上がりは12月中旬以降の見込み。何とか年内には完成しそうである。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 13:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
試打インプ 〜TOURSTAGE X-DRIVE 445〜
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
ウエッジの試打に繰り出した、枚方カントリー・ゴルフアベニュー。

ショートコースを回るので、ウエッジしか持って行かなかったのだが、ショップに行くとツアーステージ X-DRIVE 445iconの試打クラブが入荷されていたので、早速試打してみることに。

iconicon

シャフトは『ツアーデザイン B07-05』というもので、三菱レイヨンのディアマナとのコラボレーションシャフトになるそうだ。一般向けには用意されていない『黒マナ』に近いらしい。

現在使っている、青マナのS83と比べるとかなり軽めのシャフトなので、バランスがD2と出ている割には軽く感じる。また、若干短め(44.75インチ)になっているせいか、振り切りやすい。

いざボールを打ってみると、非常に楽に飛んでいく。引っかかりすぎることも無く、ぐんぐんボールが前に行く感じ。
以前に試打した、ツアーステージ X-DRIVE GRiconと比べると、打球音も金属的過ぎず良い。黒色仕上げのフェースもなかなか渋い。但し、打感や音ではX500が一番だと今でも思っていて、それには及ばない。ただ、難易度は月とスッポン。プロ仕様とは言うが、ツアーステージ X-DRIVE 445iconなら、随分簡単に打てる。

現在使っている、青マナS83装着のツアーステージ X-DRIVE 435iconにさしたる不満も無いので、すぐに買い換えようとは思わないが、非常に好感触な1本である。

仮に今の時期までX500で粘っていたなら、このクラブを間違いなく選んでいるだろう。

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 17:34
comments(0), trackbacks(2), pookmark
プロジェクトMB ウエッジやっと完成!!
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
『藤本技工』のウエッジが、やっと完成した。

なお、注文したスペックはこんな感じ。
・ヘッド:藤本技工のF2ウエッジ
・シャフト:DynamicGold X100
・グリップ:『DAカラー・ソフトコード・レッド』(下巻き5〜6回)
・ロフト&バンス:50−4、54−6、58−8の3本

デザインは標準仕様で、58度は気持ちエッジを丸め。ロフトの表示を背面ではなく、ソール面にしてもらった。
こんな感じの出来上がりである。


早速、枚方カントリー・ゴルフアベニューに繰り出し、練習&ショートコースラウンドへ。距離感をいきなりつかめる訳は無いので、スコア的にはまとまらなかったが、なかなか良い感じのウエッジに仕上がっている。バンスは少ないが、開きやすいデザインに仕上がっているので、バンカーでも全く問題ない。
感触をつかみきるまでには、もっと打ち込まないといけないが、十分満足のいくクラブに仕上がってくれていると思う。

あと、クラブには関係ないが・・・時間帯が悪く、いくつかのホールでマトモに西日を受ける羽目になった。視覚的なプレッシャーに弱いのはアマチュアなら誰しも悩むところだろうが、このマトモな逆光は・・・正直きつい。

河川敷をラウンドするときもそうなのだが、逆光のホールほど大きなミスショットが目立つ。サングラスはしているのだが・・・今度レッスンに行ったとき、コーチにその辺を相談してみることにしよう。


[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−クラブ・ギア, 16:58
comments(0), trackbacks(1), pookmark
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト