祝!優作プロ年またぎ連勝&女子は新記録
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:ゴルフ

いやはや、前回のブログ記事から4ヶ月強、ようやく国内の男子ツアーも開幕し、ゴルフシーズン到来となりましたが、いきなり優作プロがやってくれましたね。
3日目時点で2位グループにいたので、ひょっとしたらとは思っていましたが・・・中継つけたら独走状態でびっくり。
上がり3ホールのゴルフはちょっと課題も残る感じではありましたが、危なげなく逃げ切り。

序盤は若手の台頭や「100叩きプロ」で話題となった開幕戦だったが、終わってみれば、優作プロが本当に「強い」プロになるための、第一歩となるような大会でしたね。


話は変わって、女子ツアー。こっちは開幕して1ヶ月以上立ったが、まさかまさかの新記録。
15歳の女子高生、勝みなみ選手が、堂々の優勝。
2日目終わって単独トップだった福田プロが初優勝のプレッシャーからかスコアを崩し、かたや勝選手はその1組前でのプレーだったことも流れには影響しているのかもしれませんが、なんともまあ堂々たるプレーっぷりでしたね。
最終ホールで微妙な距離のパーパットをしっかり沈めて優勝を決定づけたあたりは、トッププロの勝ち方ですね。
最終組から追い上げていた、韓国のイ・ボミの追い上げはさすがでしたが『イーグルでプレーオフ』という状況にされたら、さすがに届かないですね。ゴルフの試合にも流れってものはあるし、あの最終ホールで、仮に勝選手がボギーにしてたら、イ・ボミがチップインイーグルで逆転優勝という展開もありえましたからね。そういうシチュエーションにしなかったところに強さを感じましたね。
得てして、「決めて逆転」というシーンは意外とミラクルショットが出やすいもので。(現に、今年の4戦目、渡辺彩香プロが最終ホールのイーグルで逆転勝利を飾った試合もありましたし)

こうなると、勝選手の今後が気になるところですが、女子の場合、アマチュア選手が優勝してから『プロ転向』を宣言できる期限が4週間とのこと。
男子ツアーとは制度が全く異なるので、石川遼プロや松山英樹プロのケースと比べるとずいぶん期間が短く感じてしまうが、まあ滅多にあることじゃないので、なかなか議論の機会がないのは致し方ないところか。
勝選手もいずれはプロ志望ということなので、物事にはタイミングというものもあるだろうし、この優勝をきっかけにプロ転向してしまってもいいんじゃなかろうか。学業との兼ね合いで、どのくらい試合に出られるかは様子見ながらやっていけばいいと思うし、4週間しか期間がないなら、「ひとまずはせっかくの権利なんだし行使しておこう」でもいいと思いますね。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 14:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964609
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト