日医工女子オープン 2010
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:ゴルフ
 
富山県は八尾カントリークラブiconで行われていた、国内女子ツアー第16戦「日医工女子オープンゴルフトーナメント」の最終日。

最終組で回る、首位タイの天沼知恵子iconを中心とした争いになった。熾烈といえば聞こえはいいのだが・・・いや、確かにスコアの差はそうだったのかもしれませんが・・・

一時は、天沼知恵子iconが抜け出すかに思えた展開だったのですが、まさかのトリプルボギーを叩き、1打差に3人がひしめく展開に。

最終ホールまでは、天沼知恵子iconが首位の座を守っていたのですが、最後の最後で痛恨の3パットでボギー。そのホールでは、バーディーチャンスにつけていた韓国人も短いバーディーパットを外し、プレーオフにはなったのですが、そのプレーオフでも天沼知恵子iconはティーショットをミスし、パーオンはしたものの長い距離を残して、痛恨のボギー。
対する韓国人はバーディーチャンスにつけ、置きに行ったようなパットで楽々のパーセーブとなり、優勝をさらわれてしまいました。

しかし、天沼知恵子iconは今年に入って、2回目のプレーオフでの苦杯。しかも、2回とも韓国人相手。忸怩たる思いだろうが、このあたりが長い間勝てていない、産みの苦しみにも近い所なんだろう。

ってか、これで何度目だ?優勝持ってかれたのは・・・しかも、ベストテンの半分は韓国人ですよ。日本女子ツアーは韓国人の出稼ぎ場じゃないんだから、もっとしっかりして欲しいもんです。

こんなんじゃあ、人気回復したかに思えた女子ツアーもまた下火になるでしょうね。
なんだかんだ言って、スポーツとナショナリズムは切っても切れないものなのは、サッカーW杯の盛り上がりを見れば、火を見るより明らか。ゴルフだって一緒ですよ。
アメリカ女子ツアーだって試合が減ったりして、下火になっているが、なにもリーマンショックだけが原因だけじゃない。韓国人が退去して押しかけ、上位を荒らし、米国人の活躍が目立たなくなる。これはリーマンショック以前からあった傾向で、リーマンショックはそんな状態の米国女子ツアーからスポンサーが撤退する口実になっただけに過ぎないですよ。

だって、韓国人が出稼ぎしてる姿をわざわざ見たいと思うのか?って話ですよ。

だからといって、実力ある選手を排斥してしまうのは、ツアーの質を落とす自殺行為だと思うし、ファンとしてはそういった出稼ぎ選手たち以上の活躍を自国の選手にして欲しいと思うのが本音だろう。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−国内女子, 14:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964590
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト