今日のタイガース 2010.6.19
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:阪神タイガース
 
横浜スタジアム ベイスターズ 3−7 タイガース
 今日のタイガースはいまや柱の久保、おそらく昨日からのスライド登板だったろう。対するベイスターズはメジャー帰りの大家が先発。
 初回に1点ずつをとり合って迎えた3回ウラにビッグプレーが飛び出す。この日、あまり調子の良くなかった久保が、1アウト後に下園に3塁打を浴びるピンチを迎える。このシーンで簡単に3塁打にしてしまう、ライト・桜井の守備もいかがなものか、と言ったところだが、その直後、石川に投じた2球目、ショートバウンドしたボールを城島が押さえると、電光石火の牽制球!ランナーの下園を刺し、大ピンチを脱する。その後、石川を三振に切ってとると、こういうプレーの後には、得てしてチャンスが来るもので、城島がヒットで出塁すると、桜井が四球を選び、チャンス拡大。ここで久保がライト前にヒットを放つのだが、その打球の処理を、ライト・下園が誤り、タイガースが勝ち越し点を上げる。そこから、鳥谷・平野と連続タイムリーで加点し、この回一挙4点を奪う。
 さらには、続く5回の表には、新井・ブラゼル連続HRを放ち、7−1と突き放す。
 先発・久保は悪いなりにしのいでいたが、球数が多く、疲れも見えた6回に捕まり、2失点。それでもまあ、6回3失点なら悪くはない。
 終盤はタイガースも、ベイスターズのブルペン陣を打ち崩せず、嫌な流れになりかけたが、タイガースのブルペン陣は7回から渡辺・西村と無失点でつなぎ流れを断ち切ると、最終回は藤川球児を温存し、上園をマウンドへ。上園も期待に応えて3者凡退に切ってとりゲームセット。
 タイガースは無事、交流戦明けの初戦をものにした。というか、この先、下位3チームとのカードが続くので、ここで無駄な星は落としたくないところ。そういう意味では、柱の久保でキッチリ勝ちを拾えたので、一安心といったところである。


他球場の注目カードはこちら。
千葉マリン マリーンズ 0−3 イーグルス
 こちらも昨日の試合を雨で流し、マリーンズ成瀬イーグルス岩隈とエース対決となった。
 エース対決が多く、今季は勝ち星が伸びていない岩隈であるが、それでもこの日もきっちりと役目を果たし、マリーンズ打線を封じていく。
 そんなエースに打線が応えたのは5回、高須がチーム初安打となるHRで先制すると、もタイムリーを放ち2点を先制。7回にもが再びタイムリーを放ち3−0とすると、7回までを岩隈がゼロで抑え、8回を小山、9回を川岸とつなぎ、完封リレーでイーグルスがエース対決を制した。


[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 22:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964576
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト