リゾートトラストレディス 2010
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:ゴルフ
 
国内女子ツアーは第13戦のリゾートトラストレディスが、長野県はグランディ軽井沢ゴルフクラブ・森泉コースiconで行われ、初日からビッグスコアが飛び出す、バーディー合戦が最終日まで続いた。

iconicon


最終日を首位で迎えたのは、若手の笠りつ子iconだったが、この日はバーディー合戦に置いていかれる格好となってしまい、なんとか1つスコアを伸ばしたものの、−10の3位タイと及ばず、プロ初優勝はおあずけになってしまった。

終盤のバーディー合戦を繰り広げたのは、特に最終組の2組前。竹末裕美icon中田美枝といった、久々の優勝を狙う面々に、ルーキーの甲田良美icon、さらに前の組を回る北田瑠衣iconと言った面々のバーディー合戦となった。

一時は北田瑠衣iconが13番からの3連続バーディーで一歩抜け出すが、直後の16番、上の写真の16番ホールで痛恨の池ポチャでダボを叩き、一歩後退。

中田美枝は14番でチップインバーディー、竹末裕美iconは16番でベタピンのスーパーショットを放つなど見せ場を作ったが、一歩抜け出したのは、ルーキーの甲田良美iconだった。11番までに4バーディーを奪い、優勝争いに加わると、終盤の14・15番、17番・18番と連続バーディーを奪い、一気に後続を突き放した。
北田瑠衣iconが16番で自滅するまでは、中継席でもノーマークだった彼女だが、特に上がり3ホールのプレーは、未勝利のルーキーとは思えない堂々としたプレーぶりだった。

そんな甲田良美iconだが、学生時代はソフトボール一筋でゴルフを始めたのは18歳からという。そこからゴルフ場のキャディーをしながら腕を磨き、昨年プロテストに合格した27歳。低年齢化が進む女子プロゴルフだが、なんのその。三十路が近づけばベテラン扱いされるここ数年だが、30までは若手のつもりで充分ですよ。


[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−国内女子, 19:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964568
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト