今日の交流戦 2010.5.19の結果(その2)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
千葉マリン マリーンズ 3−1 ドラゴンズ
 マリーンズはマーフィー、ドラゴンズ吉見の先発で始まったゲームは、マリーンズが主導権を握る。
 初回にマリーンズ打線がドラゴンズ先発・吉見を立ち上がりを捕え、大松のタイムリーを先制すると、3回にも南のタイムリーなどで2点を追加する。
 投げては、先発・マーフィーが7四球を出しながらも要所を締める投球で7回途中までを1失点に抑えると、その後を3人の継投でドラゴンズ打線を3安打に抑えて逃げ切った。

京セラドーム バファローズ 2−8 カープ
 バファローズ小松カープスタルツが先発して始まったゲームは、今日はバファローズ投手陣が崩れて、ワンサイドゲームとなる。 
 カープは3回表、石原のソロで先制。4回に石原、東出の連続適時打で3点を加点すると、6回にはの適時打、天谷の犠飛などで4点を追加しリードを広げた。先発・スタルツは6回2失点の好投で来日初勝利。 

Yahoo!ドーム ホークス 9−3 タイガース
 ホークスホールトンタイガース上園の先発で始まったゲームは、タイガースの投手陣が崩れ、一方的な展開となる。
 ホークスは4回裏、オーティズ、柴原のソロで2点を先制。5回に川崎の適時打で加点すると、7回にはタイガースのブルペン陣が捕まり、本多、オーティズの連続適時打と多村の3ランでこの回一挙5点を奪い試合を決めた。交流戦直前の不調で配置転換されていた久保田だったが、復調の気配なく、この日もリードを許した場面での登板でゲームを壊す投球となった。ポテンシャル的には藤川球児と匹敵する投手のはずだが、調子が悪くても悪いなりのピッチングでなんとか凌ぐことの出来る藤川球児との差と行った所なのだろうか。
 この日も、タイガースが終盤に追い上げを見せただけに、久保田の乱調が悔やまれる展開となった。

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−交流戦, 23:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964553
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト