今日の交流戦 2010.5.18の結果(その2)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
千葉マリン マリーンズ 4−2 ドラゴンズ
 マリーンズ渡辺ドラゴンズ朝倉の先発で始まったゲームは、マリーンズが主導権を握る。
 3回にマリーンズ打線がドラゴンズ先発・朝倉を捕え、西岡・金泰均・福浦のタイムリーで3点を先制する。
 投げては、渡辺が6回までゼロ封の好投。7回にドラゴンズ打線の反撃にあい2失点で降板するが、その後をリリーフ陣が締め、さらには8回ウラに西岡がダメ押しのタイムリーを放ち、9回を守護神・小林が抑えて、4連勝中のドラゴンズの勢いを止めた。

京セラドーム バファローズ 11−2 カープ
 バファローズ近藤カープ青木(高)が先発して始まったゲームは、カープ先発の青木(高)が大誤算でワンサイドゲームとなる。
 バファローズは3回に坂口・バルディリスのタイムリーなどで3点を奪うと、続く4回にも赤田の2ランとラロッカのタイムリーで4点を奪い、この回で青木(高)はKO。
 さらにバファローズの攻撃の手は緩まず、6回には後藤の2ラン、7回には赤田のこの日2本目の2ランで、しめて11得点。
 投げては、先発・近藤が持ち前のテンポの良い投球で8回を投げて2失点の好投で久々の2勝目をあげた。
 しかしながら、カブレラが走塁の際に足を痛め、途中退場。岡田監督も登録抹消を示唆する状態のようで、カブレラが戻ってきて、勢いが戻りつつあったバファローズであるが、今後の戦いが心配である。

Yahoo!ドーム ホークス 2−4 タイガース
 ホークス小椋タイガース久保の先発で始まったゲームは、両投手ともに好投を見せ、1点を争う接線となる。
 3回表、2死から藤川俊介が四球を選ぶと、すぐさま盗塁に成功。ノーヒットでチャンスを作ると、マートンがチーム初安打となる3塁打を放ち、タイガースが先制に成功する。
 しかし、4回ウラ、ホークスも反撃を見せ、2死満塁のチャンスを作ると、柴原がレフト前にタイムリーを放つが、レフト・藤川の好返球の前に、逆転のランナーは本塁タッチアウトで同点どまり。
 それでも、先発・小椋が6回まで1失点で踏ん張ると、7回ウラには、好投していた久保を捕え、2アウトからチャンスをつくると、川崎が勝ち越しタイムリーを放つ。
 こうなると、ホークスは8回からファルケンボーグを投入し、勝ちパターンに持ち込むが、タイガース打線が粘りを見せ、9回に馬原が捕まり、先頭の城島がヒットで出ると、代走の大和がすぐさま盗塁を決め、チャンス拡大。ブラゼル・桜井と倒れるが、代打・桧山が値千金の同点タイムリーを放つ。
 そのウラを渡辺が好投し延長線に持ち込むと、10回表も先頭の平野がヒットで出塁。続く鳥谷の場面でヒット・エンド・ランが成功し、無死1・3塁で迎えるは4番・新井。ここで、きっちり4番の仕事を見せ、勝ち越しの犠牲フライ。金本のスタメン復帰で打順が注目されていた新井だが、4番起用の継続に、最低限の働きではあるが、きっちり回答を出した。
 さらに5番・DHでスタメン復帰となった金本がヒットで再び1・3塁の場面を作ると、大和が貴重な追加点となる犠牲フライを放ち、2点リードで10回ウラを藤川球児に託す。
 その藤川球児は先日、風邪を引いた影響か、2四球とやや精細を欠き、ピンチの場面を作るが、最後は小久保を力でなんとかねじ伏せてゲームセット。
 タイガースが昨年は見られなかった、終盤の打線の粘りで、なんとか勝ちを呼び込んだ。

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−交流戦, 23:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964551
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト