今日の交流戦 2010.5.18の結果(その1)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
札幌ドーム ファイターズ 7−1 ジャイアンツ
 ファイターズは勝ち頭のケッペルジャイアンツは今季負けなしの内海の先発で始まったが、ゲームは思わぬワンサイドとなった。
 3回にジャイアンツ小笠原のタイムリーで先制に成功するのだが、その直後に内海が捕まり、二岡・高橋・糸井と立て続けにタイムリーを浴び、4失点。
 さらには6回ウラにも森本が走者一掃のタイムリーを放ち3点を追加。
 投げては、先発・ケッペルが7回1失点の好投で6勝目。ファイターズは交流戦に入って、ようやく本来の戦いを取り戻しつつある。
 ジャイアンツは自慢の打線が5安打と封じ込まれて完敗。

Kスタ宮城 イーグルス 5−7 ベイスターズ
 イーグルス戸村ベイスターズ清水の先発で始まったゲームは、思わぬシーソーゲームとなった。
 先手をとったのはイーグルス。5回ウラに清水を捕え、鉄平・中村の連続タイムリーに山崎の3ランHRも加わり、一挙5点を先制する。しかし、その直後に先発・戸村が捕まる大誤算。四球に連打も加わり、内川の2点タイムリー、さらにワイルドピッチも重なり、ランナーをためて、たまらず辛島にスイッチしたが、流れは止められず、下園のタイムリーで同点に追いつかれてしまう。
 こうなると、ゲームの流れは、俄然ベイスターズに傾くのが常。
 7回に村田のタイムリーで勝ち越しに成功すると、ベイスターズは8回ウラから守護神・山口を投入し必死に逃げ切りを図る。
 首尾よく8回ウラを無失点で切り抜けると、9回表に村田が今度はソロHRを放ち、貴重なダメ押し点をあげる。
 最終回も山口がピンチは招いたものの、なんとか無失点で凌ぎ切り、ベイスターズ、ようやく交流戦初勝利となった。

大宮球場 ライオンズ 1−0 スワローズ
 ライオンズスワローズ館山の先発で始まったゲームは、投手戦となる。
 両投手ともに好投を見せ、5回までゼロ行進が続くが、6回ウラに均衡が破られる。好投していた館山ライオンズのクリーンアップが捕え、中島・中村・ブラウンの3連打で1点をもぎ取ると、が8回を3安打無失点に抑える好投を見せ、最終回は守護神・シコースキーライオンズが虎の子の1点を守りきって、接戦をモノにした。
 スワローズはこれで交流戦に入って5連敗と苦しい戦いが続く。序盤の勢いはなんだったんでしょうか?

 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−交流戦, 22:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964550
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト