今日のセ・リーグ 2010.5.7の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
ナゴヤドーム ドラゴンズ 2x−1 スワローズ
 ドラゴンズ中田(賢)スワローズ川島(亮)の先発で始まったゲームは、1点を争う投手戦となった。
 両先発が好投を見せる中、均衡を破ったのはドラゴンズ岩崎(達)のタイムリーで1点を先制する。
 しかし、スワローズも7回に宮本のタイムリーで1−1の同点に追いつく。
 そして、1−1のまま迎えた9回ウラ、スワローズセットアッパー・押本をマウンドに送り出すが、これが裏目に出てしまう。いったんは味方のファインプレーもあって、2アウト走者なしの場面を作るが、そこから満塁のピンチを招き、最後は谷繁にサヨナラタイムリーを浴びて、万事休す。
 ドラゴンズはこれで、今季4度目のサヨナラ勝ちとなった。

甲子園球場 タイガース 10−6 カープ
 タイガースフォッサムカープ青木(高)の先発で始まったゲームは、タイガースが先手を取り優位に進めるが、終盤、思わぬ荒れた展開となった。
 タイガースは初回、1アウト満塁のチャンスを作ると、5番・城島が今季2本目となる満塁HRを放ち、いきなり4点のリードを奪う。
 さらに3回、城島の内野ゴロの間に1点を追加し、5−0とする。
 しかし、5回表、フォッサムが突如乱れる。会沢・梵・栗原に立て続けにタイムリーを浴び、1点差に追い上げられてKO。しかし、このピンチは渡辺が好リリーフでしのぎ切る。
 こうなると、タイガースは自慢のブルペン陣で逃げ切りを図るべく、渡辺・西村と好投を見せ、1点リードのまま、8回、久保田にバトンタッチ。
 しかし、今日の久保田が誤算だった。先頭の天谷にヒットを許すと、続く4番・栗原ど真ん中のストレートを痛打され、痛恨の逆転2ランHR!
 5点のリードを守りきれず、嫌な流れとなったタイガースだが、ここからが去年までとは違うところ。
 8回のウラ、マウンドに上がった高橋に襲い掛かり、城島・ブラゼルが連打でチャンスを作り、桜井のボテボテの内野ゴロが、結果オーライ、送った格好となり、1アウト2・3塁。続く狩野に対しては、カウントを悪くして、結局歩かせて、1アウト満塁。
 ここで、代打・矢野。初球の変化球に泳ぎながらも、意地で三遊間を破る同点タイムリーを放ち、一気に流れがタイガースに傾くと、トドメはマートン。簡単に追い込まれるものの、そこから粘って7球目、高めのボール球を叩くと、打球はぐんぐん伸びて、バックスクリーンに飛び込む、この日チーム2本目の満塁HR!
 最後はセーブが付かない場面ではあったが、藤川球児がキッチリと3人で締め、ゲームセット。
 カープはまたしても投手陣が崩れての敗戦。チーム防御率もリーグで唯一の4点台と苦しいところである。エース・マエケン守護神・シュルツは安定しているものの、先発・中継ぎともに苦しい台所事情は続いている。大竹の復帰の時期もいまだ見通しが立たず、新外国人もことごとく期待を裏切っている。あとは生え抜きの若手の台頭に期待するしかないのか・・・

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 23:14
comments(0), trackbacks(1), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964533
【阪神タイガース】満塁弾2発!打ち合いを制すっ!
初回に城島が満塁弾。楽勝の流れのはずが、フォッサムが崩れて、最後は久保田が逆転弾を食らういやな流れ。しかしその直後に矢野の同点タイムリーにマートンの勝ち越し満塁弾!どんな打線や!マートンは大当たり!しばらくはマートン&ブラゼルで助っ人は安泰だなぁ。
にたろうの退屈な日々, 2010/05/08 12:30 AM
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト