今日のセ・リーグ 2010.4.30の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
神宮球場 スワローズ 6−7 ベイスターズ
 スワローズ館山ベイスターズ三浦の先発でゲームが始まった。両軍、先発の柱の登板とあって、投手戦が予想されたが、三浦が今日は大誤算。
 初回からスワローズ打線に捕まり、青木のタイムリーで先制を許すと、武内のタイムリー、さらには藤本にまさかの2ランHRを喫し、いきなりの5失点。さらには3回に武内にソロHRを浴びて、3回6失点で三浦は降板。
 打線の援護を受けて、館山は余裕のピッチング、と行きたいところだったが、5回に捕まり、下園にタイムリーを浴びると、続く武山に3ランHRを浴び、この回4失点。
 続く6回も館山は続投となったが、それが裏目に出てしまう。スレッジに痛恨の同点2ランHRを浴びKO。この回は、2番手・増渕が何とか同点で踏みとどまったが、7回に登板の3番手・松岡村田にタイムリーを浴び、結局これが決勝点に。
 ベイスターズ三浦が序盤に崩れたものの、後続のブルペン陣が踏ん張り、4回以降をゼロに抑え、打線の反撃を呼び込んだ。
 スワローズはこれで5連敗。序盤の快進撃は見る影もなく、ついに最下位転落となってしまった。

甲子園球場 タイガース 4x−3 ジャイアンツ
 首位攻防戦となった、伝統の一戦は、最後の最後まで、どう転ぶかわからない接戦となった。タイガースフォッサムジャイアンツ西村を先発に立てて始まったゲームは、序盤から動く。
 初回に、小笠原のソロHRでジャイアンツが先手を取ると、そのウラ、タイガースは相手の守備のミスから同点に追いつく。
 3回には坂本が初回の守備の汚名返上とばかりに、タイムリーを放ち、再びジャイアンツがリードするが、そのウラ、タイガース鳥谷ブラゼルのタイムリーで逆転に成功。
 しかし、ジャイアンツも6回にフォッサムを捕らえ、阿部のタイムリーで同点に追いつき、全く試合の行方は分からなくなる。
 その後は両軍譲らず、同点の場面で勝ちパターンの投手を投入する総力戦に。しかし、ブルペン陣勝負となれば、今はタイガースの方に分があるか。
 タイガースは7回以降を川崎・久保田・藤川でゼロに抑えると、ジャイアンツも7回は山口、8回は久保が素晴らしいピッチングでゼロに抑えるが、9回のウラ、安定感に欠けるクルーンではなく、越智を送り込む。
 が、その越智が1アウトから代打・桧山あわやサヨナラHRという当たりの3ベースヒットを打たれると、マートンには四球。ここで平野を歩かせて満塁策をとり、1アウト満塁で鳥谷との勝負を選んだが、これが裏目に出た。カウント0−1からの2球目が真ん中に入り、それを鳥谷が見逃さず1塁線を破り、劇的なサヨナラ勝ちで、首位攻防第一ラウンドをタイガースが制した。

マツダスタジアム カープ 9−0 ドラゴンズ
 カープ青木(高)ドラゴンズ小笠原の先発で始まったゲームは、序盤からカープ打線が爆発し、一方的な展開となる。
 初回に天谷のソロHRなどで2点を先制すると、3回にはが満塁HR、さらにに2ランHRが飛び出し、この回一挙6点の猛攻で、小笠原をKO。
 4回にも2番手・清水から小窪がタイムリーを放ち9点目。
 投げては、青木(高)が8安打を浴びながらも要所を締め、今季初勝利をプロ初の完封勝利で、カープが投打ともにドラゴンズを圧倒した。


[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 23:36
comments(0), trackbacks(1), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964520
【阪神タイガース】サヨナラでG倒!
痛快に聖地でG倒!鳥谷のサヨナラ打はお見事!それにしてもフォッサムは相変わらずきっちりと試合を作ってくれる。ここ3戦、巨人、中日相手の好投だけに価値がある。これなら金本がいなくなって見違えるようにつながるようになった打線なら、いい試合に持ち込むこと
にたろうの退屈な日々, 2010/05/01 1:55 AM
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト