今日のセ・リーグ 2010.4.28の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
神宮球場 スワローズ 3−9 タイガース
 スワローズは、今季いまだ勝ち星のない石川タイガース久保の先発でゲームが始まった。
 日曜日に安藤が試合をぶち壊して、連勝ムードをかき消されたタイガースでしたが、ナインにも、安藤の炎上→2軍落ちは想定の範囲内だったようです。
 逆に日曜日の鬱憤を晴らすがごとく、初回から石川を攻め立て、マートンがいきなり出塁すると、鳥谷が先制の2ランHRを放つ。さらに、新井がヒットで出塁すると、ブラゼルがタイムリーを放ち、幸先よく3点を先制。
 その後は石川も立ち直り、タイガース打線も打ちあぐねていたが、それ以上に今日の久保の出来が素晴らしかった!6回2アウトまで一人のランナーも許さない好投を見せる。
 石川を打ちあぐねていたタイガース打線であったが、7回に石川に代わって高木が登板すると、その高木を攻め、ここのところ調子を落としていた城島がバックスクリーンに3ランHRで貴重な中押し点を上げる。
 その後は、スワローズ打線も、青木・武内のソロHRと犠牲フライで追い上げるものの、タイガース打線は、8回には金本の代打HR、9回にはブラゼルの2ランHRでダメ押し。
 投げては、久保が9回を投げきり、昨年7月30日以来のうれしい完投勝利!8連戦の初戦で、神宮決戦を終えると、甲子園でジャイアンツ戦、ナゴヤでドラゴンズ戦と続くだけに、ここでブルペン陣を浪費せずに住んだのは非常に大きい。
 しかも、久保はこれで2試合続けての完投。安藤なぞいなくても、久保が十分にローテの柱としての役割を果たせているのだから、もっと早くに安藤を見切っておけば、甲子園でドラゴンズを3タテ出来ていたかも知れないのに・・・

ナゴヤドーム ドラゴンズ 8−2 ジャイアンツ
 さすがに、このブログを落合監督が見ているとは思えないが・・・昨日の敗戦で、ドラゴンズはローテを組み替えてきた。今日の先発マウンドに吉見を送り込む。
 対するジャイアンツは昨年ドラゴンズから4勝と相性のよいゴンザレスを先発に立てる。
て始まった今日の試合は初回から、ジャイアンツが主導権を奪い、そのまま勝負が付いてしまった。
 しかし、今年のゴンザレスには去年のような安定感は見られず、先手を取ったのはドラゴンズ、2回に大島のタイムリーで1点を先制すると、3回はブランコ・和田のタイムリーで2点、4回も井端の犠牲フライでリードを4点に広げ、ゴンザレスをKOする。
 逆にジャイアンツ打線は、5回にのソロHRと脇谷のタイムリーで2点を返すが、吉見の前に追加点を奪えず、逆に7回には中継ぎ陣が打ち込まれ、和田の2点タイムリーなどで4失点で、万事休す。
 吉見は6回途中2失点と何とかゲームを作り、後は自慢のリリーフ陣、高橋・浅尾・岩瀬を早めに投入して、ジャイアンツの反撃を抑え、昨日の借りを返した。
 この順番で行くと、明日のドラゴンズの先発はチェンが予想されるが、ジャイアンツの独走を止められるかどうか、大事なマウンドになりそうだ。 

マツダスタジアム カープ 1−2 ベイスターズ
 カープ斉藤ベイスターズ寺原の先発で始まったゲームは、5回の両軍の攻防が明暗を分ける結果となった。
 両先発が好投を続ける中で迎えた5回表、ベイスターズ打線が、斉藤を捕らえ、石川の2点タイムリーで先手を取る。
 カープもすぐさま反撃に転じ、5回ウラに天谷のタイムリーで1点を返す。
 しかし、その後、ゲームは動かず、両軍ともに早めの継投で、得点を許さず、そのまま2−1でゲームセット。
 カープはこの日だけで7盗塁と足を使ってチャンスを再三作ったが、14残塁とあと一本が出なかった。


[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 22:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964515
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト