今日のセ・リーグ 2010.4.25の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
東京ドーム ジャイアンツ 8−2 カープ
 ジャイアンツは内海に代わって1軍に昇格したオビスポ、対するカープ小松の先発でゲームが始まった。
 しかし、カープ先発・小松に始まり、登板する投手全てが失点する体たらくで、ジャイアンツにいいようにやられてしまった。
 まず、初回に小笠原が先制2ランHRを放つと、その直後、カープも小窪のタイムリーで一時は同点に追いつく。
 しかし、先発の小松がピリッとせず、3回ウラにはラミレスに勝ち越しタイムリーを許すと、後続の投手陣も、4回には投手のオビスポにHR、7回には高橋約1年半ぶりのHRを許すなど精彩を欠き、打線も意気消沈。オビスポの前に7回2得点と押さえ込まれると、リリーフの小林・星野も打てず、これでカープは対ジャイアンツ6連敗となってしまった。

横浜スタジアム ベイスターズ 5−3 スワローズ
 ベイスターズは加賀、スワローズ村中を先発に立てて始まった今日の試合。
 先手を取ったのは、この日もスワローズ。4回表にガイエルのHRで1点を先制する。
 しかし、ベイスターズ打線がすぐさま反撃に転じ、スレッジのタイムリーで追いつくと、武山の2点タイムリーでスワローズを突き放す。
 6回にはカスティーヨの長打にエラーが絡み1点を失うと、さらに吉村の犠牲フライで追加点。
 その後、スワローズは7回に森岡のタイムリー、8回にはガイエルがこの日2本目のHRで追い上げたが、あと一歩届かず。
 ベイスターズ先発・加賀は5回を1失点に押さえ、うれしいプロ初勝利となった。

甲子園球場 タイガース 5−8 ドラゴンズ
 タイガースは安藤、ドラゴンズ山内の先発で始まったゲーム。大方の予想は、タイガース上園を立ててくると思われたが・・・
 もう、試合の詳細をどうこう言う気も起きません。安藤がゲームをぶち壊し、前日までの連勝ムードに完全に冷や水を浴びせてしまいました。
 ここまで、先発としてあまりにも頼りない成績しか残せていない安藤を、なぜこの大事な試合に投げさせないといけないのかも疑問。
 投球に覇気は感じられないし、テンポも悪いから、守る野手もリズムに乗れない。もう、こんな投手、要りません。はっきり言って、タイガース先発投手陣の一番の癌は安藤ですよ癌は切除するに限ります
 これで、安藤に次も投げさせるようなら、真弓監督の神経を疑いますね。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 22:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964509
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト