今日のパ・リーグ 2010.4.24の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
Kスタ宮城 イーグルス 3−0 ファイターズ
 イーグルス岩隈ファイターズダルビッシュと、両軍の誇るエース対決となったこの試合。ダルビッシュは6試合連続の2桁奪三振の記録を狙う!
 先手を取ったのはイーグルス。2回ウラにダルビッシュ自らの守備のミスで1点を献上。そのまま試合は両投手の力投で、中盤まで続くが、6回ウラに草野のタイムリーで2点を追加。
 結局、岩隈・ダルビッシュ共に最後まで投げきった試合は、岩隈ファイターズ打線をわずか2安打に抑え、今季初完封で3勝目をあげた。
 しかし、ファイターズダルビッシュでも勝てないとなると、苦しいですねぇ・・・ 

千葉マリン マリーンズ 3−4 ホークス
 マリーンズ成瀬ホークスは今季初先発の小椋の先発で始まったゲームは、マリーンズが先手を取る。
 マリーンズが3回表に守備のミスから1点を先制するが、5回にホークスが反撃。多村のソロHRで同点に追いつくと、さらに満塁のチャンスで本多が走者一掃のタイムリーを放ち、一挙4点を奪い逆転に成功。
 ホークス先発・小椋は、このウラを抑えて5回1失点で、勝利投手の権利を持って降板。自慢のリリーフ陣にあとを託す。
 が、首位を走るマリーンズも簡単には終わらず、2番手・摂津を攻め、井口のタイムリー、金泰均の犠牲フライで2点を挙げて、あと一歩まで追い詰めるが、攝津が踏ん張り同点は許さない。
 その後は、ファルケンボーグ・馬原とつなぎ、マリーンズ打線をシャットアウトし、ホークスが接戦をものにした。
 これで、小椋はプロ入り初の先発勝利となった。

京セラドーム バファローズ  4−6 ライオンズ
 バファローズは木佐貫、ライオンズ先発で始まったゲームは、両先発がピリッとせず、打ち合いとなる。1−1の同点で迎えた4回表、先に木佐貫が捕まり、満塁から押し出しを与えると、上本にタイムリーを浴びてKO。さらに片岡の犠牲フライでライオンズが追加点を奪い、この回4得点。6回にも浅村のタイムリーで1点を追加するが、そのウラ、バファローズ打線の反撃にあい、赤田のタイムリーなどで3失点を喫し、この回でマウンドを降りる。
 しかし、これ以降は両軍のリリーフ陣が抑え、ライオンズリードのままゲームセット。
 マリーンズがこの日敗れたため、ついにライオンズが首位とゲーム差1に迫った。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−パ・リーグ, 22:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964506
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト