今日のパ・リーグ 2010.4.20の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
東京ドーム イーグルス 8−2 マリーンズ
 イーグルス永井マリーンズ唐川の先発で始まったゲームは、2回ウラ、早々に均衡が崩れ、中村ノリの2ランHRでイーグルスが先制。
 その後、マリーンズ打線は反撃に転じ、永井から4回、5回と得点を重ね、同点に追いついたのもつかの間、5回のウラ、唐川イーグルス打線に捕まり、山崎・鉄平の連続タイムリーで3点を失う。
 これで、ゲームの主導権は完全にイーグルスに傾き、打線は8回ウラにも草野のタイムリーとのHRで3点を追加してダメ押し。
 投げては、永井が8回途中まで2失点。その後を辛島・川岸マリーンズ打線を封じ、今日のゲームはイーグルスの完勝!
 マリーンズは、唐川が同点に追いついた直後に捕まってしまったのが大誤算であった。

スカイマーク バファローズ 4x−3 ファイターズ
 バファローズ岸田ファイターズ増井の先発で始まったゲームは、まずバファローズが先手を取る。2回に下位打線の3連打で1点を取り先制すると、3回には敵失も絡んで1点を追加。
 一方、ファイターズは5回に田中のタイムリーで1点を返すと、6回には糸井に逆転2ランHRが飛び出し、3−2でファイターズのリードで9回のウラを迎える。
 当然、ファイターズのマウンドにはウルフが上がった訳だが、この日のウルフは大誤算。結局、1アウトもとることができずに、バファローズ打線の集中砲火を浴び、北川のタイムリーで同点に追いつかれると、赤田にサヨナラタイムリーを浴びて、ジ・エンド。
 どうにも、今年のファイターズは、こうして勝てるゲームをみすみす落とすケースが多い・・・

Yahoo!ドーム ホークス 2−8 ライオンズ
 ホークス・ホールトン、ライオンズの先発で始まったゲームは、7回までは投手戦。序盤にライオンズが2点を取るが、それ以降は先発ホールトンが立ち直り、7回までを2失点で何とかゲームを作る。
 打線も7回ウラにようやく応え、1点を返して、をマウンドから引きずり下ろす。
 が、そのあとがまずかった。8回表にリリーフ投手陣が総崩れで、一挙5点をライオンズに与えてしまう。甲藤・三瀬・水田の3投手でわずか1アウトしか取れずに5失点。秋山監督もたまらず、ローテ投手の藤岡を緊急登板させるほど。大勢がすでに決してしまった時点で、勝ちパターンの投手を出すわけにも行かず、やむなく藤岡の出番となってしまったわけだが・・・ここまで先発ローテで投げていた藤岡だが、結果が出せていなかったのは事実で、敗戦処理から出直しということだろうか。
 しかしまあ、中継ぎ投手もたまには打たれるのは仕方の無いことだが、出る投手がことごとく打たれたのでは、ベンチも手の打ち様がないところである。


[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−パ・リーグ, 23:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964498
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト