今日のセ・リーグ 2010.4.11の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
東京ドーム ジャイアンツ 7−1 ドラゴンズ
 セ・リーグの首位攻防戦第三ラウンドは、新たなジャイアンツキラー誕生か?との注目を浴びる、2年目右腕・伊藤がドラゴンズの先発マウンドへ。オープン戦では、ジャイアンツ打線を11イニング無失点に抑えていたが、シーズンではどうか!?対するジャイアンツはこちらも若手右腕・東野が先発。
 ゲームは初回から動き、1回表、エドガーのお粗末な守備で東野の足を引っ張り、ブランコの内野ゴロの間に1点を挙げて先制。ジャイアンツとしては、いやな流れでの立ち上がりとなったが、東野がここは最小失点で食い止めてウラの攻撃へ。
 すると、やはりオープン戦とシーズンのマウンドは勝手が違うのか、ドラゴンズ伊藤も不安定な立ち上がり。絶好調・松本にヒットを打たれるまでは仕方ないが、簡単に盗塁を許し、その後は四球を連発し、押し出しで同点に追いつかれてしまう。『味方の得点の後の失点』『自らの自滅』で失ってしまった伊藤。こうなってしまうと、おのずとゲームの流れはジャイアンツに傾いてしまう。
 案の定、2回にはジャイアンツの上位打線につかまり、坂本・松本に連打を浴びると、小笠原に2点タイムリーを許し、伊藤はこの回は投げきったものの、即代打を送られ、実質2回KOとなった。
 しかし、考えようによってはたったの3失点で2点差の展開である。
 今日のライオンズマリーンズ戦でも触れたが、こういう弱気の投手リレーというのは、やはり流れ的にもよい影響は無いようで、打線は立ち直った東野の前に沈黙し、ヒットは出るものの散発に終わり、結局東野は7回1失点の好投。
 伊藤の後を受けたドラゴンズ投手陣も、清水が3回からロングリリーフで6回までは無失点で抑えたものの、やはり引っ張りすぎたか7回につかまり1失点。続く投手も失点を重ね、打線は沈黙し、投手陣はチマチマと失点を繰り返すという展開ドラゴンズ的には、いかにも負けゲームという流れを自ら作ってしまった感もある、首位攻防戦でしたが・・・落合監督は本気でペナントをとる気があるんでしょうか?今の時期から「優勝はジャイアンツで仕方なし。ウチはCSで逆転を狙いますよ」的な意図が透けて見えてくるのは気のせいでしょうか?
 たしかにCSには功罪あって、上のような考え方でくるチームが出てきてしまっても、ルール上それを許してしまっているので仕方ない。けど、プロでやっている以上、テッペンを目指さなくて、何のために試合をやっているんでしょうか?少なくとも、今の時期で、いかにチームの調子が上がってこなくても、テッペンをあきらめているような監督はいないでしょう。もしいるなら、即刻ユニフォームを脱いでほしいものである。
 あくまでも私の私見だが『CSはがんばって優勝を目指したけど惜しくも逃したチームにリベンジの機会を与えるためのもの』であるべきだと思っている。はなからCS狙いなぞ、プロとして失格でしょ!?
 そういったチームが蔓延すると、欧州サッカーなどのように、強豪チームとそれ以外がハッキリ分かれてしまう様な構図になってしまうが、日本プロ野球はそれで良いでしょうか?私はそうはなってほしくないと切に思っている。

横浜スタジアム ベイスターズ 6−3 カープ
 ベイスターズ清水カープ長谷川の先発で始まったゲーム、カープは勝てば最下位脱出のチャンスである。一方のベイスター ズはローテーションを組み替え、移籍後いまだ未勝利の清水を中四日でマウンドへ。清水は前回5回でマウンドを降りてしまっており、先発の柱としては物足りない内容だっただけに、奮起を促す意味での中四日での登板か!?
 すると清水もさすがにそれに応え、6回を2失点とまずまずのピッチングを見せる。

 一方のカープ・先発の長谷川がピリッとせず、4回5失点の誤算。打線も終盤、前田(智)代打HRで意地を見せたが時すでに遅し。
 しかし、いよいよカープの先発陣が大変なことになっています。現状、ローテー投手として機能しているのは前田(健)ただ一人。一応、ジオもローテを守ってはいましたが、3試合登板で防御率6点台と、とても機能しているとはいえず、案の定、登録抹消。
 新入団のスタルツにおのずと期待が集まるところですが、外国人はいくらメジャーで実績があっても、フタを開けてみないとわかりません。現にジオがそれを証明してますしね。
 つくづく、大竹の離脱が痛いところ・・・4月下旬に実線登板という情報もあるが、確定情報ではなく、復帰の目処が立ったとまでは言いがたい。
 さらに追い討ちをかけるように、天谷が右肩脱臼で戦線離脱。天谷は調子を落としていたのは確かだが、怪我での長期離脱となると非常に痛いです。

 一方のベイスターズは三浦が復活し、その間に寺原が奮闘。そして今日の登板で清水も復調気配とあって、何とか3本柱は形成できそうな状況になってきましたが、カープの先発投手陣のほうはかなり深刻ですね・・・

甲子園球場 タイガース 7−3 スワローズ 
  まさか、ここでのボヤキを関係者が見ているとは思えないが、今のところ、ボヤキ調でタイガース評をしていた方が結果が付いてきているような気もする・・・
 今日はタイガース下柳スワローズ村中の先発で始まったが、両者ともにピリッとせず、いずれも味方の得点直後に失点するという悪いパターン。
 なお、初回に飛び出した金本のHRは通算445本目でミスター越え。右肩痛を押しての出場が続く金本だが、この日は2安打4打点の活躍を見せる。初回のHRはビデオ判定の結果、ポール直撃のHRという際どい当たりだったが、これまでまったく打てなかった高めの速球をはじき返しているところを見ると、少しは状態が良くなって来たと見てよいのだろうか?
 両先発ともにピリッとしない内容ながらも、明暗を分けたのは『同点で食い止めた』下柳『逆転を許してしまった』村中の差が出てしまったというしかないでしょう。
 そして、5回以降は散発3安打で得点が奪えなかったスワローズと、7回にダメ押し点を追加したタイガースの差が出た格好になりましたね。
 なんだかんだ言っても、タイガース久保田・藤川球児は磐石ですし、そこにつなぐ投手として西村が台頭してきたのが好材料。が、まだまだ先発投手陣は物足りないところ。
 スワローズの方は、ここまで破壊力抜群だった打線が昨日・今日と打線が低調だったのが誤算。が、しょせん打線は水物。絶好調がシーズン通じて続く訳も無い・・・

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 00:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964478
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト