今日のプロ野球 2010.4.8の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
JUGEMテーマ:阪神タイガース

札幌ドーム ファイターズ 8−4 イーグルス
 悪いことは続くもので、ファイターズ主将・稲葉が練習中に背中を痛め、今日の試合を欠場。そこで、梨田監督は思い切ってオーダーを変更してきた。これまで5・6番あたりを打つことが多かった糸井を1番に起用し、稲葉の欠場であいた3番に田中をすえた。
 すると、鳴りを潜めていた、ファイターズのつながりが出てきました。
 イーグルス先発・ラズナーも暴投での失点など自滅した面はありましたが、4回ウラの攻撃は、良い時のファイターズが戻ってきたような、つながりを見せましたね。7回にも首尾よく打線がつながりダメ押し点。
 ファイターズ先発・ケッペルも6回4失点と良くはなかったのですが、何とか来日初勝利を手繰り寄せました。

西武ドーム ライオンズ 4−5 バファローズ  
 延長にもつれ込む接戦となったこのゲーム、ライオンズバファローズ先発・近藤を攻め、序盤に3点のリードを奪うも、その後近藤が踏ん張り、6回まで投げきると、打線が奮起。4回表、相変わらず好調をキープしているカブレラのHRで反撃の口火を切ると、ラロッカもHRで続き1点差に追い上げると、続く5回には先日先発を外された、坂口・赤田の1・2番コンビが連続タイムリーで逆転。岡田監督のショック療法が功を奏したか。
 しかし7回ウラ、バファローズ後藤の痛すぎるタイムリーエラーで同点に追いつかれ、いやな流れになったが、何とか同点で踏みとどまり延長へ。
 すると延長10回表、1アウト3塁という絶好のチャンスで後藤に打順が回ると、汚名返上の勝ち越しタイムリー!
 そのリードを最後はレスターが3者連続三振で締めてゲームセット。バファローズは4月に入ってやっと初勝利をあげ、何とか貯金を持ったまま、全チームとの開幕カードを終えました。

Yahoo!ドーム ホークス 9−1 マリーンズ
 昨日はマリーンズ・大嶺にしてやられたホークスでしたが、この日は復活を期す和田が主役の座を奪い返す好投を見せました。9回を投げきり1失点、15奪三振を奪う好投。
 これに打線も応え、マリーンズ投手陣に集中打を浴びせ、4回までに3HRが飛び出し、9点を奪う猛攻。マリーンズの方は、4回のピンチで川越から服部にスイッチしましたが、裏目に出てしまいましたね・・・川崎にタイムリーを許すと、さらに代わったコーリーオーティズ小久保に連続HRを被弾。
 こうなると打線も沈黙してしまうのがパターンで、2回以降は和田の前に、2塁すら踏めず、終わってみれば散発の4安打。
 こういうところでの継投もなかなか難しいもんです。継投がびしっと決まれば、反撃ムードも生まれて、和田のここまでの快投も無かったかもしれませんし・・・


パ・リーグの方は、今日の試合で、一通り対戦カードが回った事になる。対戦が一回りしたところで、各球団の当初の展望を振り返り、明日からの試合に臨むこ ととなる。特に低迷しているチームは、これで仕切り直し、と気分を切り替えて行きたいものである。


[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

神宮球場 スワローズ 0−4 カープ
 今日はカープ先発・前田(健)が投打にわたる活躍で、チームを救いましたね。
 投げては8回を4安打無失点に抑える好投、さらに打っては先制の足がかりとなる長打を放つなど、まさに獅子奮迅の活躍で、エースナンバー18にふさわしい活躍でしたね。『桑田二世』との注目を浴びプロ入りした前田(健)ですが、こういっ た投打にわたってチームに貢献できるところは、まさに全盛期の桑田を彷彿とさせるところではありますね。
 最終回はリリーフ陣がピンチを作るものの、何とか無失点で切り抜けて、好調スワローズ打線を完封。今日は気分よく完勝し、明日のベイスターズ戦への弾みとなるか!?
 スワローズは・・・こういう日もあるさ、と切り替えるしかないでしょう。しょせん打線は水物ですしねぇ・・・

横浜スタジアム ベイスターズ 2−1 ドラゴンズ
 ベイスターズ・寺原、ドラゴンズ・バルデスの両先発が好投を見せ、今日も一転を争う投手戦に。しかし、今日はベイスターズが踏ん張りました!
 内川のタイムリーで先制したベイスターズは、寺原が自らタイムリーを放ち、貴重な追加点を上げると、投げては7回1失点の好投。後を受けた牛田・山口のリリーフ陣も危なげなくゲームを締めくくり、寺原の好投に応えました。
 ドラゴンズは4回の大チャンスで犠牲フライの1点に終わってしまったのが痛かったですね・・・

甲子園球場 タイガース 0−3 ジャイアンツ 
 昨日のゲームは、故・木村コーチに免じて、タイガースを責めることはしませんでしたが・・・今日はさすがに黙っちゃいられません。ホームでの3連戦なんだから、最悪でも勝ち越さないと!何よりもルーキー・長野に良いように大暴れさせてはいけません。これで『お得意様』と思われたんじゃあ、後々の対戦が大変になりますし。
 タイガースは鳴り物入りで入団したものの、さっぱり結果が残せていない小嶋が先発するも、いきなりジャイアンツ打線につかまり、打者4人で4失点。その後立ち直りはしましたが・・・次のチャンスがあるかどうか。
 あと、今年は今のところ、ブルペン陣では江草がピリッとしませんねぇ・・・勤続疲労もあるのかもしれませんが、マートンの3ランHRで1点差に追い上げた直後の5回表、それもラミレスを絶好のピッチングで三振にとり2アウトにしたまでは良かったのに、ここから単調なピッチングとなり、不調の亀井に簡単にストライクを取りに行って痛打されると、続く長野にも簡単にインコースの甘い直球でストライクを取りに行き、痛恨の3ランHRを被弾。これで一気に反撃ムードが意気消沈。城島の配球にも問題はあったのでしょうが・・・あそこはインコース直球でも良いのでしょうが、ボール球で腰を引かせるぐらいのところに放らなければなりません。江草の失投なのか、城島のリードミスか、真相は分かりませんが・・・とにかく、点を取ってもらった直後の失点はイカンのです。

 あと、金本。やっぱり結果を出せていない以上、これ以上4番に居座られていては困ります。今日も内海の140キロにも満たないストレートで力勝負されての3打数無安打。甲子園でのジャイアンツ3連戦で見ても、6日のHR以外ヒット無しですからね。完全に相手バッテリーからなめられてますよ。今の金本はストレート投げておけば大丈夫って。今の右肩ではプロの投手のストレートは打ち返せないと見られてるんですよ。

私も、金本が偉大な選手だというのは認めます。けど、野球は団体競技です。タイガースには金本と心中して欲しくはありません。怪我や不調で結果が出せないなら、スパッとベンチに下ろすべきです。昨年・今年と真弓監督は、結果の出ない金本に手出しが出来ていません。このままずるずると結果の出ないまま4番に居座らせるようなら、真弓監督も首を差し出してもらう必要があるでしょう。それも、今シーズンいっぱいなどと悠長なことは言っていられません。せいぜいGW入りまで。それまでに金本が結果で周りを黙らせるか、真弓監督が決断を下すかをしてもらわないと。ファンもそこまでは待ってはくれません。少なくとも、私は待てません。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−全般, 23:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964470
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト