今日のプロ野球 2010.4.4の結果
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
札幌ドーム ファイターズ 0−4 ライオンズ
 昨日のダルビッシュの熱投に続きたいところだったが、今日は先発・武田勝ライオンズ打線のHR攻勢にやられてしまいました。というかブラウン一人にやられた感もありますね・・・2ラン・ソロの2HRで3打点ですからねぇ。
 けど、打たれたHRはいずれも変化球が高めに浮いたのを捕らえられたもの。武田勝のような軟投型の投手は変化球のコントロールが生命線なんですが、それが甘いと格好の餌食になってしまいますね・・・ 
 ライオンズ帆足の好投が光りましたね。まさしく左のエースとも言って内容のある投球で7安打1四球、ピンチの場面はありましたが要所を締めて完封勝利。
  
 なお、この試合では4回ウラに1イニングで2併殺という珍事が起きました。「何で?4アウトになってまうやん??」と思って、よくよく記録を見てみると、まずファイターズは先頭の田中がヒットで出塁します。問題は次のの打席なんですが、セカンドゴロとなり、併殺打・・・のはずが、一塁手が落球して、がランナーに残るんです。こういったケースの記録は、陽は併殺打&1塁手の失策ということになるらしいのです。私はてっきりこのケースは、併殺不成立でただのセカンドゴロが陽の記録になると思ってました。で、その後稲葉のヒットでチャンスを広げるも、高橋が内野ゴロを打ち、今度はちゃんとした併殺打。これで、1イニング2併殺という珍事となったわけである。・・・珍事というか、公式記録の付け方が、どうにもややこしいですね・・・

Kスタ宮城 イーグルス 2−3 ホークス  
 今日のイーグルスの先発は田中。岩隈でダメならこの人が頼り。3失点は喫するも、なんと完投して意地を見せたんですが、打線のほうが応えられませんでしたね・・・
 ただ、田中のほうも先制してもらった直後のイニングに逆転を許しているのはいただけません。
 打線もホークス先発の大隣をあと一歩まで追い詰めたんですが、攝津・ファルケンボーグ・馬原のリレーの前に反撃の芽を摘まれてしまいました。
 しかしまあ、イーグルスもどうにもかみ合いませんね・・・打線が打てば投手が崩れ、投手が頑張れば打線が沈黙し・・・
 こういうときは、サヨナラ劇だとか、サイクルヒットなどの派手なことが起こらないとなかなか流れがこないですよね・・・

京セラドーム バファローズ 4−10 マリーンズ
 奇遇なことに、昨日とまったく同じスコアでの決着となりました。バファローズ・木佐貫 、マリーンズ・小野の先発で始まった首位攻防戦の第三ラウンド、木佐貫が誤算で、初回にいきなり先制を許すと、3回には5失点。その後6回にも1失点を喫し、合計8失点でゲームを壊してしまいました。
 一方、マリーンズ・小野の方は打線の大量援護で、悠々の7回2失点。
 これで、首位攻防戦はマリーンズの3タテとなりました。3試合とも先発投手の乱調で、バファローズの快進撃は春の椿事だったのか?次のカードが非常に大事です。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

神宮球場 スワローズ 1−2 ベイスターズ
 昨日のノーガードの打ち合いとは一変、今日のゲームは両軍投手陣が踏ん張り、ロースコアでの接戦に。
 両軍の先発は、スワローズ・村中ベイスターズ・加賀ベイスターズ加賀は、当初は中継ぎでデビューしたが、ここへ来て先発へのスイッチ。先のジャイアンツ戦でもロングリリーフで好投を見せていたことからの抜擢のようだ。
 しかし、先制はスワローズ。2回ウラにガイエルにソロHRが飛び出す。が、今日のベイスターズはここから踏ん張りました。
 加賀も最小失点で5回途中、2アウトまで1失点で踏ん張り、ピンチを迎えたところで、先日一軍に昇格した桑原にスイッチ。その桑原は連続四球で満塁のピンチを招くも、最後はガイエルから三振を奪い、ピンチを凌ぐ。
 で、ピンチの後にチャンスありとはよく言ったもので、続く6回表のベイスターズの攻撃では、アッサリ2アウトまではいってしまったのだが、そこから内川が四球を選ぶと、村田の長打で同点、スレッジも続きついに逆転。
 その後、ベイスターズは6回を桑原、7回を牛田、8回をファイターズから移籍後初登板の江尻、最終回を守護神・山口が必死のリレーで、1点差を守りきり、何とか3連敗でストップ。
 スワローズ打線も、7回・9回と2度の満塁のチャンスを作るも、ベイスターズ投手陣の意地が勝ったか、後一本が出ませんでした。


ナゴヤドーム ドラゴンズ 6−1 タイガース
 今日のこのゲームは、ノーコメントで・・・(頭に血が上って書けません。明日当たり、怒りの記事が投稿されると思いますが。)

マツダスタジアム  カープ 3−10 ジャイアンツ 
 カープは今日もジャイアンツにいいようにやられてしまいました。
 先発に今季初登板の小松を立て、コントロールに苦しむ、ジャイアンツ先発・東野を攻め立て、2点を先制したまでは良かったのですが・・・
 4回表にジャイアンツ打線の餌食に。小笠原・長野に2ランを浴びるなど、大量5失点。結局、小松は5回を投げ6失点とゲームを作れませんでした。
 逆にジャイアンツ東野は制球に苦しみながらも7回を投げ3失点と、何とかゲームを作り、大量リードの終盤は金刃・土本がともに3人切りの好リリーフで、終始ジャイアンツペースで同一カード3連勝をものにしました。
 逆にカープは終盤も最悪のゲーム展開。打線は勝利の方程式ではないジャイアンツリリーフ陣から、安打すら出来ずに沈黙すると、投手陣は小松の後を受けた岸本・永川・横山と全員が失点を重ねる始末。
 この展開で永川というのも疑問はありますが、まあ出番が無いので調整登板だったんでしょう。けど、それならそれで、ピシャッとジャイアンツ打線を抑えて、今後に期待を持たせてほしかったところ。
 一方のカープ、12球団でもっとも深刻な事態といえるのではないでしょうか。
 リサーチ不足ゆえ、原因が分からないのですが、エース大竹が戦線離脱中。先発として機能しているのは、前田健太一人ではあまりにも苦しい。
 先日、シアトル・マリナーズから左腕のスタルツ投手を獲得。彼が、先発投手陣の救世主となれるかどうか・・・

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−全般, 21:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964464
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト