私的Pedia − 池田勇太
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:ゴルフ

昨年の賞金ランキング2位、若干23歳にしてのあの貫禄といい、昨年のツアーを大いに盛りあげ、間違いなく主役の一人であったのが、この人、池田勇太iconである。
おそらく、今年も主役であろう彼に触れずして、シーズンに入るわけにも行かないでしょう。
 


<クラブセッティング>
・ドライバー:ブリジストン ツアーステージ icon X-Drive 701
・FW&UT:ミズノ F-130 フェアウェイウッド、ダンロップ スリクソンADハイブリッドユーティリティ(2番16度、3番19度)
・アイアン:ブリヂストンツアーステージ icon NEW X-BLADE 701G(4番−PW)
・ウエッジ:ブリヂストン ツアーステージ X-ウェッジ(ロフト:52度)、タイトリスト スピンミルド・シリーズ(ロフト:58度)
・パター:ブリヂストン ツアーステージ M-1P パター
・その他ウェアなど:ブリジストン icon
昨年のツアー、それも国内メジャーの「日本プロ」でツアー初勝利を飾ると、その後も3勝を重ねる大ブレイク。
シーズン終盤こそ、手首や腰に故障を抱える苦しいシーズンではあったが、最終戦まで石川遼iconとの激しい賞金王争いを繰り広げてくれました。

若く爽やかで、礼儀正しい、優等生タイプの石川遼iconとのキャラクターの違いも際立って、対比されることも多いのですが、私は結構、あのキャラクターは好感持てますね。

また、まったくタイプの違う石川遼icon池田勇太iconですが、両者ともにジャンボ尾崎を非常にリスペクトしているところは同じなんですよね。一流は一流を知るというか・・・

石川遼iconを優等生とするなら、池田勇太iconはヤンチャ坊主みたいなイメージがどうしても付いて回るんですが、ことゴルフに関しては、池田勇太iconのほうが大人のゴルフなんですよね。

けど、決して守りのゴルフって言うわけじゃなく、ものすごく爆発力も持っている選手で、ゾーンに入ってバーディー合戦になれば、石川遼iconでも分が悪いんじゃないかというぐらいの、攻撃的なゴルファーです。
ただ、そのバーディーの狙い方が、緩急自在で、そのあたりが血気盛んな石川遼iconと比べて『大人の攻撃的なゴルフ』といったところでしょうか。

われわれアマチュアは石川遼iconのまねをしちゃいけませんが、池田勇太iconのマネジメントは大いに参考に出来るところが多いはずです。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−国内男子, 23:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964413
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト