私的Pedia(野球編) 横浜ベイスターズの歴史
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:横浜ベイスターズ
 
JUGEMテーマ:プロ野球全般

さて、ここのところ、最下位が続き、苦しいシーズンが続いている横浜ベイスターズの歴史について。
ベイスターズのここ5年の成績といいますと・・・
  • 2009年:最下位
  • 2008年:最下位
  • 2007年:4位
  • 2006年:最下位
  • 2005年:3位
と、1998年の優勝・日本一以来、優勝争いに加われず、低迷しているチームであるが、2010年からは、ホークスジャイアンツなどで投手コーチとしての実績の高い、尾花高夫を監督に迎え、流石にこのままじゃまずいと思ったオーナーの大号令で、大補強を敢行。
マリーンズのエース、清水直行をトレードで獲得に成功。さらに、ファイターズから稲田直人ら3名をトレードで獲得、FA市場ではマリーンズから橋本将の獲得に成功。
さらには、ホークスの篠原貴行、マリーンズの早川大輔、ファイターズのスレッジ、新外国人のクリス・ブーチェック、ホセ・カスティーヨを獲得など、例年にない大補強を行った。

特に、エース級の活躍が期待できる清水直行、強打の捕手・橋本将を補強できたのは非常に大きい。そもそも先発投手陣はハマの番長・三浦しか計算できず手薄だったし、谷繁・相川と立て続けに育成してきた正捕手をFAで流出しているだけに、この2名の獲得は非常に大きいのである。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

 
そんなベイスターズの歴史ですが、今でこそベイスターズ=横浜というイメージが定着していますが、球団創設以来、結構本拠地を転々としてきた歴史があるのです。

元は大洋漁業(現・マルハニチロ水産)の実業団チームで戦前からの歴史があり、都市対抗野球での活躍、1948年の国体での優勝などのアマチュア球界での実績を積んでいました。

1949年のオフ、リーグ拡張方針・2リーグ分裂などで、現有球団の多くが生まれた年でもありますが、ベイスターズがプロとしての歴史をスタートさせたのもこの年のこと。

当時のノンプロ強豪の大洋漁業野球部からも、主力選手が毎日オリオンズに引き抜かれてしまうのですが、野球部に情熱を注いでいた中部兼市社長は憤慨し、自社野球部のプロ参加方針を打ち出すことになりました。

1949年の11月、「株式会社まるは球団」を設立し、球団名を暫定的にまるは球団とし、セ・リーグに加盟します。当時の本拠地は下関市民球場(現有の下関球場とは別物)としてスタートしています。

実際のリーグ参戦は1950年からとなるわけですが、さすがにまるは球団のままはいかがなものか、ということで、大洋ホエールズを球団名称として設定。古豪球団のベテランをスカウトしてスタートしたものの、投手力の弱さは如何ともし難く成績は低迷が続きます。

1951年には隣県の球団でもある、広島カープを吸収合併することも検討されたが、広島球団関係者や地元市民らの必死の存続運動もあって広島との合併の話は立ち消えになっています。(カープの歴史も参照

1952年には、球団数が奇数だったこともあり、「シーズン勝率3割未満の球団は解散」という取り決めがなされ、松竹ロビンス(セ・リーグ初代チャンピオンなのに・・・)がその該当球団となってしまいます。そこで、1953年のシーズン開幕前に、松竹ロビンス大洋ホエールズは対等合併を行い、大洋松竹ロビンスとして、再スタートを果たします。
が、初年度に関しては、運営会社の完全合併が間に合わず、フランチャイズも大洋球団の下関市松竹球団の京都市で並立。球団運営も2社で1つのチームを運営するという変則的な形となっていました。また、主催試合は興行面の利点から大阪球場で行われていました。

なお、運営会社のほうは1953年オフに新設合併にて統合が完了し、翌1954年には球団名も洋松ロビンスに改称。

しかし、それもつかの間、1954年シーズンを持って、松竹が球団経営から撤退することとなりました。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

松竹の撤退に伴って、球団名は再び大洋ホエールズに戻ります。と同時に、フランチャイズも神奈川県に移転することとなり、川崎球場を本拠地として再スタートを計ります。

が、成績は松竹との合併前よりもさらに低迷。エース秋山登が毎年の酷使に耐え抜き、ジャイアンツから獲得した青田昇が三度の本塁打王を獲得するも、チーム1954年から1959年まで6年連続最下位に沈みます。

そして1960年、流石に球団は手をこまねいているわけにも行かず、前年まで西鉄ライオンズの監督だった三原脩を招聘。三原は新人の近藤昭仁と、シーズン中に近鉄パールス(大阪近鉄バファローズの当時の球団名)から獲得した鈴木武で二遊間を固め、秋山島田源太郎を中心とした投手力を前面に押し出し、前年最下位からのリーグ優勝を果たす。

日本シリーズでも大毎オリオンズ相手に全て1点差勝利でストレート勝ちし、日本一に輝いた。

その後は時々優勝争いに加わるものの、優勝とは縁がなく、メガトン打線と呼ばれる強力打線や、近藤和彦クリート・ボイヤー桑田武松原誠平松政次ジョン・シピンといった名選手を擁したものの、チームとしての総合的な戦力が低く、チーム勝率は5割を超えることすら珍しかった。

ちょうどその期間は、ジャイアンツのV9時代だったわけですが、大洋ホエールズは強力な打線でジャイアンツの投手陣を粉砕するが、貧弱な投手陣がジャイアンツに打ち込まれ、大味な打撃合戦に発展することが多かった。

当時のジャイアンツに打ち合いで勝てるチームの筆頭は大洋ホエールズだったが、それも両翼89m、中堅118mという川崎球場の狭さと無縁では無い。(今では両翼100m・中堅122mが当たり前)

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

1976年、球団は川崎市から横浜市への移転を視野に入れ、横浜における新球場建設の資金を捻出するため、国土計画(現プリンスホテル)の出資を受け入れる。持ち株比率は大洋漁業55%、国土計画45%なので、横浜市内への新球場建設・移転は、大洋漁業単独では到底不可能なほどの巨大プロジェクトだったことがうかがえる。

1978年に、国土計画の主導で建設した横浜スタジアムに本拠地を移転すると、都市名を入れた横浜大洋ホエールズに球団名も改称。横浜の小学生が入り易いファンクラブの設置など営業体制の改革を伴ったこの改変によりファンが増加した。

同年、国土計画のライオンズ買収が行われたが、同一企業が複数球団の親会社となることを禁じた野球協約に、抵触することになるため、国土計画の持ち株がニッポン放送とTBSに売却された。これより先2002年初めまで、球団株式保有率は大洋漁業(のちにマルハ)55%、ニッポン放送30%、TBS15%となった。

あまり知られていないが、1980年代には長嶋茂雄の監督招聘をもくろみ、前段階として長嶋茂雄と親交の深い関根潤三を1982年に監督に据えるが、結局、長嶋監督招聘は失敗。

1983年シーズン途中に、米マイナーでプレーしていた、若菜嘉晴捕手の獲得や、1985年には、高木豊加藤博一屋鋪要の俊足3選手による「スーパーカートリオ」など、投手陣は改善されず、チーム成績は振るわないシーズンが続いた。

1987年には、カープを4度の優勝に導いた、古葉竹識を監督に迎えるが、3年間で1度もAクラス入り出来ないなど、成績は振るわずじまい。しかしこの間に、1998年の優勝時の主力選手を多数獲得するなど、スカウティングの面では成功したといえる。

1992年には、盛田幸妃佐々木主浩のダブルストッパーを確立。これが後のタイガースの『JFK』だったり、ベイスターズの『クアトロK』など、いわゆる継投による『勝利の方程式』のはしりとなる。

同年オフ、親会社の大洋漁業がコーポレートアイデンティティ実施によりマルハに改称することに伴い、横浜大洋ホエールズも地域に密着した市民球団を目指し、球団名を横浜ベイスターズに改称した。
改称後の球団名は社内外では当初、愛称をそのまま使用した「横浜ホエールズ」になるという憶測があったのだが、かつて大洋漁業の主力事業だった商業捕鯨の規制が強まっていることを指摘し「ウチの会社はもうこれ以上、クジラばかりに頼るわけにはいかなくなった。だから愛称も変更しなければならない」と、社内に新愛称を検討するよう指示。その結果、愛称は「ベイスターズ」となった経緯がある。
*完全に余談ですが・・・横浜ホエールズになっていて、マルハが球団から手を引いていなかったら、環境保護団体を騙る国際テロ組織・シーシェパードの格好の標的にされていたかもしれませんね。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

1993年から、横浜ベイスターズとして再スタートを切った球団ではあったが、成績は以前低迷が続くが、1998年の優勝を予感させる兆しも見せ始める。

すでに盛田幸妃佐々木主浩のダブルストッパーを確立していたが、1993年オフにはFAでジャイアンツから駒田徳広を獲得。

1994年は佐伯貴弘波留敏夫などを起用して若返りを図るが、混戦のシーズンの中最下位に終わる。

1995年には鈴木尚典が3番レフトに定着し、4位ながらも12年ぶりのシーズン勝率5割台を果たす。

最大の転機は、1997年の権藤博のバッテリーチーフコーチ就任であろう。当時の大矢−権藤体制の下、シーズン後半に首位・スワローズを脅かす急追を見せたもののあと一歩及ばず37年ぶりのリーグ優勝を逃したものの、勝利への執念が選手に根付き、翌年の快進撃につながる事となった。

そして1998年には権藤博が監督に昇格。抑えの佐々木主浩を不動の中心とする投手陣と、一度打ち始めると止まらない「マシンガン打線」が噛み合い38年ぶりのリーグ優勝・日本一を果たした。

そのオフ、ドラフトの最大の目玉で、相思相愛といわれていた松坂大輔をドラフト1位指名するも、競合となり抽選にもれて獲得に失敗。

その後、1999〜2001年は3位と、1998年の優勝メンバー主体のチーム力に陰りが見え始める。

2002年には、開幕から記録的な低迷を続け、森監督がシーズン終了を待たずして休養を余儀なくされる(最終勝率.363)。
翌2003年は、待望の生え抜き監督、山下大輔が 監督に就任。しかし、若手重視・攻撃重視の起用がことごとく空回りし、勝率も前年を下回る.324を記録5位からも22.5ゲーム以上離され(この年の1位と5 位のゲーム差は20、つまり2003年優勝のタイガースからは40ゲーム以上も離された)45勝94敗1分という惨憺たる成績で他球団や他球団のファンからは完全にお荷物扱いされる。シーズン90敗到達は日本プロ野球で は1970年のヤクルト以来実に33年ぶりであった。

2005年には、牛島和彦が監督に就任。不調だった投手陣が復活、4年ぶりのAクラスとなる3位に浮上した。その年は、エグゼクティブ・アドバイザーとして石橋貴明とんねるず)を抜擢、監督・選手とファンとのパイプ役を担わせる等新しいファンサービスを試みたことでも話題となった。

が、その後は共に福岡県東福岡高校出身である村田修一吉村裕基や、2008年には首位打者となる内川修一など若手野手の台頭や、タイトルホルダーの誕生などは見られるが、ハマの番長・三浦大輔しか計算のたたない投手陣の崩壊は深刻で、低迷するシーズンが続いている。


[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]

<永久欠番など>
100-球団に対して貢献のある著名人(複数)としているが、選手の永久欠番は存在しない。

なお、準永久欠番なども存在しないが、通算2000本安打、通算200勝、250セーブを記録した選手に対し、球団より貢献者として顕彰され、各人物は、横浜スタジアムの外野フェンス右翼部分にレリーフを飾り顕彰している。 上記の選手が対象になっている。


なお、珍記録として・・・
・現存するセ・リーグ6球団の中で唯一のシーズン勝率6割未到達球団。最高勝率は優勝した1998年の.585。
・現存するセ・リーグ6球団で唯一生え抜き監督によるリーグ優勝が1度も無いうえ、生え抜き監督はAクラスを記録したことがない。
・現存するセ・リーグ5球団全てに対して通算対戦成績が負け越している。
・日本シリーズ出場は2回しかないが、その2度とも日本一を達成し勝率100%。現存の12球団のうち、出場していないイーグルスを除く11球団の中で唯一シリーズ敗退が無い。
といったところがある。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−球団史, 19:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964409
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト