私的Pedia(野球編) 東京ヤクルトスワローズの歴史
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
 
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
JUGEMテーマ:東京ヤクルトスワローズ

昨年は、タイガースカープを交えての熾烈な3位争いを繰り広げてCSに進出した東京ヤクルトスワローズの歴史について。
そんな東京ヤクルトスワローズの最近5年間の成績ですが、
  • 2009年:3位
  • 2008年:5位
  • 2007年:最下位
  • 2006年:3位
  • 2005年:4位
と、2001年の優勝以来、優勝争いらしい戦いも出来ていないのが現状。タイトルホルダーも出ていて、機動力野球という武器があるのだから、あとは何が足りないのやら・・・
ラミレスグライシンガーゴンザレスと、ことごとく活躍した外国人選手ジャイアンツにかっさらわれているので、そのあたりでの投打の柱がシッカリしない点が響いているのでしょうか。

しかし、球団設立からの長い低迷期や、連敗記録などのイメージがある東京ヤクルトスワローズですが、日本シリーズに強く、通算6回出場し5回優勝している。日本シリーズ出場回数6回は日本プロ野球史上6位と決して多くはないものの、上記の通りシリーズでの勝率の良さのおかげで日本一5回は巨人、西武に次ぎ、実は歴代3位に位置している。
ちなみに、日本一回数でセ・リーグの球団を並べると、ジャイアンツスワローズカープドラゴンズベイスターズタイガース、となる。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]
 
スワローズの起源も、1949年のリーグ拡張・2リーグ分裂騒動のときにさかのぼります。
成り立ちは随分と異なりますが、カープマリーンズライオンズ、と同期ということになるでしょうか。

母体となったのは、今は無き国鉄です。国鉄には古くから各地域の支局ごとに野球部が存在し、リーグの拡大に伴って、それらの野球部員が引き抜かれる事態が発生しました。
当時の加賀山之雄総裁大の野球好きだったこともあるが、国鉄は同年の大幅な合理化労使関係が悪化していることもあり、国鉄職員の団結と意志発揚を目的に、プロ球団設立を発案したのが始まりとされています。

しかし、日本国有鉄道法に抵触するため国鉄が直接親会社になることは出来ず、国鉄の外郭団体を母体として、国鉄スワローズを設立することになりました。

しかし、参入が他新球団より遅れていたため選手確保がままならず、自前の鉄道局野球部を中心に他の社会人大学などのアマチュア野球に残っている人材をかき集めたが、プロ経験者は戦前の一時期阪急に在籍した中村栄ただ1人という状態で、アマチュア野球では強豪の鉄道局野球部もプロでは通用しない状態であり、エース・金田正一の投球がチーム成績を左右した。金田正一の活躍で最下位こそ少なかったが常に4位、5位と成績は振るわなかったものの、こと巨人戦では互角の試合を見せ、後楽園の国鉄スワローズジャイアンツは関東で最も人気のある対戦だった。

しかし、設立当初からエース・金田正一頼みのチームでは限界があり、初のAクラス入りを1961年に果たすのがやっとの状態であり、公共企業・国鉄の球団であるという体面もあり相当の緊縮財政だった。新人選手の契約金は高騰する一方で満足な補強もできず、ついには1963年、球団譲渡を前提とした業務提携を、フジサンケイグループと結ぶことになる。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


翌1964年には主催試合を系列のフジテレビジョンで中継するために、本拠地を後楽園球場から明治神宮球場へ移転する。
そして同年オフ、お家騒動が勃発。監督の更迭・留任を巡り産経新聞国鉄は激しく対立する。
エース・金田「林監督がそのまま続投した場合移籍するが、解任された場合は残留する」との声明を出したことから国鉄は頑として林監督の更迭を主張エース・金田におんぶに抱っこの球団としては、当然でしょうな)、一方の産経サイド他社マスコミ(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞)により「林監督更迭」のスクープを先取りされていたことがあり、議論は平行線を辿り最終的には経営主体の産経サイドが意見を押し切り、林監督は留任。一方の大エース金田は、10年選手特権(今で言うFAのようなもの?)を行使して、こともあろうか、ライバルのジャイアンツに移籍してしまったのです。
*まあ、はっきり言ってマスコミとしての面子丸出しでサンケイがわがままを通した格好ですが、面子のために伝説の大投手を手放すなんて、なんてバカな会社かとあきれますね。

結果、大エース金田を失ったことにより国鉄経営意欲を完全に喪失し、フジサンケイグループへ経営権を全て譲渡して経営から撤退することとした。もとより国鉄球団は業務提携後フジサンケイグループの資金力に丸々依存しており、移譲は時間の問題と見られていたが、喧嘩別れで球団譲渡という結末となった。

皮肉にもジャイアンツのV9はこのお家騒動の翌年、1965年からですから、因果なもんです。
結果論ですがフジサンケイグループは馬鹿なことをしたもんです。ある意味、ジャイアンツ黄金時代の陰の立役者になってしまったわけですから。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


このお家騒動を経て、正式にフジサンケイグループ参加となった球団は、サンケイスワローズと改称。翌1965年には少年野球ファン開拓のためという理由に加え、また手塚治虫が当時球団後援会副会長だったという経緯もあり鉄腕アトムペットマークに使用しチーム名をサンケイアトムズに改称します。同年、ヤクルトが株式を一部取得し、球団運営への参加を開始します。

しかし、アトムズ時代は長くは続きませんでした。

1969年にフジサンケイグループの業績不振から、株式の一部をヤクルトに売却。球団経営に積極的だった産経新聞フジテレビジョン社長の水野成夫が病に倒れ、後を継いだ鹿内信隆フジサンケイグループの事業見直しを行った結果、不採算だったプロ野球球団経営からの撤退、資本関係のみの継続を決めた。
表面上は共同経営とし球団名をアトムズと、運営会社名を株式会社アトムズ球団としたが、実質経営権はヤクルト本社が握った。

1970年には公式にヤクルトが単独で経営権を持ち、球団名をヤクルトアトムズに、運営会社名を株式会社ヤクルトアトムズに改称となった。

が、こういったお家騒動とは裏腹、成績は低迷し、1970年は92敗と歴史的大敗を喫し、ダントツの最下位。8月には戦前の大東京軍と並ぶ16連敗を喫した。この連敗記録は2リーグ分裂後、当時のワースト記録となり、現在もセ・リーグのワースト記録である(パ・リーグでは千葉ロッテマリーンズが1998年に18連敗を喫した)。尚、セ・リーグでは2003年の横浜ベイスターズ94敗を喫すまではシーズン90敗達成球団が出てこなかった。

そして、1973年、鉄腕アトムの標章権を持つ虫プロダクションの倒産に伴って、鉄腕アトムのキャラクター使用を中止し、球団名をヤクルトスワローズと変更する。(親会社は変わったが、球団愛称は先祖帰りした形になる)

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


1976年のシーズン途中で、監督が広岡達郎に交代。なお、国鉄時代の1962年からこの年まで15年連続シーズン負け越しでこれはセ・リーグワースト記録である。

しかし、1978年、打者では若松勉大杉勝男チャーリー・マニエル、投手では松岡弘安田猛鈴木康二朗らが活躍し球団創設初優勝・日本一を達成した。

が、勢いは続かず、翌年はチャーリー・マニエルを放出するなど、補強に失敗しヘッドコーチを解任したが、これに激怒した広岡監督途中休養(指揮権放棄)もあって、一転して最下位に転落。

以降、武上四郎中西太土橋正幸関根潤三などが監督を務めるが、成績は低迷を続ける。しかし、そのなかにあっても、広沢克己荒木大輔池山隆寛、栗山英樹ら若手が成長し、後の黄金時代の礎を作る。

1989年オフに、野村克也が監督に就任すると、野村就任と同時に正捕手となった古田敦也の活躍もあって1992年・1993年とリーグ2連覇1993年は日本一1995年1997年にも日本一に輝くなど、優勝争いのできるチームへと成長した。このときに野村再生工場ID野球、が一躍流行語となった。

1998年に野村監督が勇退すると、若松勉監督が就任。2001年には再び日本一を勝ち取る。翌2002〜2004年も優勝は逃すものの、Aクラスは確保。4年連続でAクラスになった。4年連続でAクラスを確保したのは、球団史上初の出来事である。

2006年からは、古田敦也選手兼任監督として指揮を執ることになった。前年オフにはプロ野球実行委員会において、古田の悲願だった「東京ヤクルトスワローズ」へのチーム名変更が全会一致で承認され、ユニフォームに国鉄以来となる「Tokyo」の文字が復活した。

しかし、2001年以降は、優勝からは遠ざかっている。

なお、いつの間にかフジサンケイグループも株式を取得しており、ヤクルト80%、フジサンケイ20%という比率になっている。そのため、フジテレビのスポルトなどスポーツ番組ではスワローズにフィーチャーすることが目立つ。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


<永久欠番など>
正式な永久欠番は無いが、下記の番号が準永久欠番のようなものになっており、生え抜きで、かつ対象者による推薦が必要とされる。

1:若松勉
『小さな大打者』として、長きに渡ってチームを牽引。1989年、若松の引退時に、背番号1番を永久欠番にとの署名などが多く集まり、球団が「生え抜きのみの選手が背負う準永久欠番」として当面欠番とすることを決定。
以降、1991年〜2000年に池山隆寛、2001年〜2006年に岩村明憲、2010年〜は青木宣親が背負う。

27:古田敦也
野村〜若松政権下で、ID野球の申し子としてチームを牽引し、2000本安打も記録して、2007年限りで引退した、古田の功績をたたえて、“名誉番号”として、「実績を積んだ捕手だけが使用できる番号」で、生え抜き・移籍を問わず着用に相応しい選手が現れるまでは欠番とされることになった。
古田以前も代々の正捕手が同番号を着用している。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−球団史, 17:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964405
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト