私的Pedia(野球編) 広島東洋カープの歴史
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:広島カープじゃけぇ!  
JUGEMテーマ:プロ野球全般

さて、今回はセ・リーグ昨年5位に終わった、広島東洋カープの歴史を振り返ります。
選手の育成には定評のあるカープですが、資本力に劣るため、成長した選手をことごとくFAで流出したり、外国人の獲得に成功しても、契約更改で吹っ掛けられて引き止められなかったりといった、ちょっと同情すべき点も多い球団ですね・・・

そんなカープの最近5年間の成績ですが、
  • 2009年:5位
  • 2008年:4位
  • 2007年:5位
  • 2006年:5位
  • 2005年:最下位
といった感じで、ここのところはBクラスの常連に甘んじており、現在、新規球団楽天イーグルスを除く11球団の中で、最もリーグ優勝・日本一から遠ざかっているチームとなっている。加えて1998年以降、チームが12年連続で Bクラスのため、主力選手のほとんどが優勝はおろか、Aクラス入りの経験すらしていない。また、21世紀になってから一度もAクラスになっていないのは、 消滅した近鉄を含めた13球団の中でも広島のみであり、現在優勝経験のある生え抜きの現役選手は前田智徳だけである。

しかしながら、地域密着という観点で見れば、球団発足当初から、その理念は長く続いており、その点は大いに評価されてしかるべきでしょう。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]
 
日本人なら、決して忘れてはならない、1945年8月6日の原爆投下
それによって、焼け野原と化した広島の復興を目指し、1949年に親会社を持たない市民球団として結成された。広島市を流れる太田川は鯉の産地、しかも原爆で焼け落ちた広島城は“鯉城”とも呼ばれていたため、球団名を広島カープとした。

1950年から、セ・リーグのチームとして、リーグ戦に参画するが、核たる親会社がないため球団組織に関するバックアップが十分ではなく、寄せ集めチームは著しく低迷する。

1951年には、早くも深刻な球団経営状態から解散案、あるいは当時下関市にチームがあった大洋ホエールズとの合併案が持ち上がった。その時、球団の資金難を救うべく広島市民が酒樽に募金を募った「樽募金」で球団存続に必要な400万円(当時)を集め、球団も四方八方手を尽くし解散を回避した。

翌1952年にも、チーム消滅の危機が訪れる。開幕前には7球団だったセ・リーグの日程が組みにくいという理由のため、同年シーズン勝率3割を切った球団は解散という取り決めがされた。設立より2年連続最下位だった広島カープが解散の最有力候補だったが、長谷川良平杉浦竜太郎の2人でチーム勝利数(37勝)の過半数(20勝)を稼ぎ、勝率.316で解散を免れた。

その後も、長く低迷を続けるが、1968年にようやく転機を迎える。東洋工業現・マツダ)社長の松田恒次氏筆頭株主となり、球団名を現在の広島東洋カープに改称。市民球団としての体裁を保ちつつも、東洋工業をメインスポンサーとする松田家私有の同属経営球団となる。根本陸夫監督が就任。外木場義郎安仁屋宗八両投手の活躍もあって3位となり、球団創設19年目にして初のAクラス入りを果たした。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


根本陸夫監督時代は成績こそ振るわなかったが、投手で外木場義郎、打者では衣笠祥雄山本浩二水谷実雄ら、のちの「赤ヘル軍団」の台頭を促した。
根本陸夫監督については、当人が就任している間は成績が振るわないものの、根本監督の下で成長した選手が、退任後に活躍し、リーグ優勝を果たすチームに変革を果たすなどの実績を残している。(西武ライオンズの黎明期、福岡ダイエーホークスの低迷期)そういう意味では、名監督の一人といえよう。

1975年には、タイガースドラゴンズと熾烈な優勝争いを繰り広げ、念願の球団初優勝を果たす。日本シリーズでは、阪急ブレーブスと対戦するも4連敗(正確には、4敗2分)で敗北。この年の首位打者となった山本浩二衣笠祥雄、最多勝の外木場義郎、盗塁王の大下剛史らの活躍が目立った。優勝後、平和大通りで行われた優勝パレードではファン約30万人を集め、空前の盛り上がりを見せた。以降、カープは球団史上に残る黄金時代に突入する。

1978年には、日本プロ野球史上初のシーズン本塁打200発を記録。

翌1979年には、優勝請負人江夏豊を擁して、2度目のリーグ制覇。日本シリーズでは、江夏の21球の伝説も残し、近鉄バファローズを4勝3敗で下し、悲願の日本一を達成する。翌1980年も連覇を果たし、再び近鉄バファローズを下して、V2を達成する。

その後は、1984年にも北別府学大野豊ら若手投手の台頭も光り日本一。

しかし、1986年に長年4番を張ってきた、山本浩二が引退、翌87年には衣笠祥雄も引退し、1990年代前半までチームは4番不足に悩まされるようになった。

しかし、1991年には、4月に戦線を離脱し闘病中の炎のストッパー・津田への熱い思いから、山本以下選手一丸、投手力を核とする守りの野球でリーグ優勝。日本シリーズでは、西武ライオンズと対戦。先に王手をかけたカープであったが、西武ライオンズの底力の前に力尽き最終的には3勝4敗で敗退。この年以降、チームは優勝から遠ざかることとなる。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


1997年には、大野豊が42歳で史上最年長の最優秀防御率のタイトルを獲得。この年に3位となったが、この年を最後にAクラスからも遠ざかることになる。

この低迷期にあっても、江藤智のHR王や、金本知徳のトリプル3(3割30本30盗塁)、新井貴浩のHR王、ルイスの最優秀防御率、黒田博樹の最優秀防御率など、タイトルホルダーは幾人も輩出するが、ことごとくFAなどで人材の流出が止まらないのが現状である。
特に外国人選手はカープ在籍中に活躍したにも関わらずシーズンオフに年俸などの待遇で契約交渉が纏まらず、外国人選手が他球団に移籍する事例が後を絶たない。

その一方で、市民球団としてのスタンスはぶれることなく、現存する日本プロ野球チームの中で、一度たりとも正式に企業の傘下に入らず独立採算制を貫く唯一の市民球団である。このため資金が豊富ではないこともあって、フリーエージェント (FA) 制度やドラフト希望枠での選手の獲得の活用には消極的(あるいは否定的)である。現在まで他球団のFA宣言選手の獲得も行っていない。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


<永久欠番など>
3:衣笠祥雄
元祖『鉄人』。1970年10月19日の対ジャイアンツ戦から始まった連続試合出場記録は、1987年6月13日の対中日ドラゴンズ戦で2131試合に到達、それまでルー・ゲーリッグ(ニューヨーク・ヤンキース)が保持していた世界記録を更新し、以降10月22日の現役引退まで2215試合連続出場を果たした。同年、国民栄誉賞を授与される。
8:山本浩二
ミスター赤ヘル」の相性でカープ一筋で活躍したスラッガー。5年連続40本塁打を記録し、これは王貞治山本浩二ただ二人。長打力だけでなく、走攻守三拍子そろった選手でもあった。害や主としてはゴールデングラブ賞を10年連続で受賞、盗塁も11年連続でシーズン2桁を記録、通算でも231個を数える。大学出身者での通算536本塁打は日本最多記録である。

なお、カープには永久欠番に準ずる制度として、前任者が推薦する選手が出て来るまではその番号を空き番とする「永久預かり」制度を導入している。
20:北別府学
「マウンドの精密機械」と称された抜群のコントロールを武器に、歴代18位となる通算213勝を挙げた名投手。
現在、20番は抑えのエース、永川投手に譲り渡されている。
7:野村謙次郎
走攻守そろった名プレイヤーで、日本では8人しかいないトリプル3(3割30本30盗塁)の記録者でもある。長く赤ヘルの核弾頭として活躍し、
  • 通算初回先頭打者本塁打:21本(表6本、裏15本)※歴代9位。
  • 通算初回先頭打者初球本塁打:7本(表3本、裏4本)※歴代1位。
  • シーズン初回先頭打者初球本塁打:3本 (1990年:表2本、裏1本)※歴代2位。
  • 2試合連続初回先頭打者本塁打(1997年8月21日 - 8月22日)
といった核弾頭ならではの記録を残している。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−球団史, 19:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964403
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト