私的Pedia(野球編) 埼玉西武ライオンズの歴史
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
さて、今回はパ・リーグラストの球団、埼玉西武ライオンズの歴史について。
リーグ優勝21回、日本一13回という、ジャイアンツと双璧をなす、屈指の強豪球団であります。
また、電鉄系球団の数少ないの生き残り球団でもあります。

そんなライオンズの最近5年間の成績ですが、
  • 2009年:4位
  • 2008年:リーグ優勝&日本一
  • 2007年:5位
  • 2006年:2位
  • 2005年:3位
といった感じで、一時期の黄金時代ほどの圧倒的な強さはなくなってきていますが、それはひとえに、他球団の台頭があったからこそ。

一時、裏金騒動があったものの、スカウト陣の発掘能力、若手の育成には定評があり、金に任せた大型補強に走るわけでも無いのに、着実に闘えるチームを作り上げてきています。

但し、前オーナーの堤義明はナベツネやミヤウチと共謀して、1リーグ化を画策していた人物。
また、彼が去って以降、地域密着にも力を入れるようになっています。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]
 
球団の創設は、1949年オフに勃発したリーグ分裂騒動のさなか、九州の西日本鉄道が親会社となって、西鉄クリッパースとして、創設され、パ・リーグに加盟しました。

ちなみに西日本鉄道自体は戦前の一時期『西鉄軍』を経営していたのですが、球団は1943年に解散してしまったため、現在のライオンズとの直接の関係は無いとされています。

球団創設に当たっては、西日本鉄道初代社長の「戦後の福岡に明るい話題を提供したい」という意向が強く反映されており、創設時の選手は、ノンプロとしての西日本鉄道チームの監督・主力選手など、九州地区のノンプロ球団からスカウトするとともに、九州出身のプロ球界の有力選手を集めています。

1951年1月には、セ・リーグで同じ福岡を本拠地としていた、西日本パイレーツを吸収合併し、チーム名を西鉄ライオンズと改称しています。

1954年には、クリーンアップ全員が20本塁打を記録するなどの活躍を見せ、念願のリーグ初優勝。
1956年〜1958年は、名将・三原脩監督の下、日本シリーズ3連覇を達成。このうち1958年は稲尾和久の好投で3連敗から4連勝を飾る。(このときにいわれたのが、『神様、仏様、稲尾様』の有名なフレーズです)
稲尾を始めとしてこの当時の主力には大下弘中西太豊田泰光仰木彬高倉照幸らの好選手を擁し「野武士軍団」と呼ばれた。特に中西太は平和台球場のバックスクリーン越えへの160m弾を放つなどの伝説を残しており、「野武士軍団」の看板選手であった。

なお、このあたりの野武士集団たる所以には、数々の武勇伝が語り継がれているが、選手同士の仲は良いというよりも逆に悪すぎる(言い換えれば、馴れ合いが決してない)ほどの裂帛した雰囲気から来ているところも多分にあるだろう。

しかし、「野武士軍団」の伝説は『黒い霧事件』とともに終焉する。

池永正明を始めとする主力選手の退団・出場停止により戦力が大幅にダウン。1970年から1972年まで3年連続最下位となって観客動員数も減少し経営が悪化。本業である交通事業の低迷も重なり、1972年、遂に西鉄は経営を放棄した。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


1972年にロッテオリオンズの中村長芳オーナーが球団を買い取るとともに、資金面強化のためゴルフ場開発会社の太平洋クラブと提携し、球団名が太平洋クラブライオンズとなる。

1976年には廣済堂グループ傘下のクラウンガスライターと提携しクラウンライターライオンズと改名を繰り返す。

そして、1978年に堤義明率いる西武グループが買収し、埼玉県所沢市に建設中であった、西武ライオンズ球場に移転。球団名も西武ライオンズとなり、福岡から別れを告げる。

しかし、しばらくは成績もぱっとしなかったが、1982年に就任した広岡達郎監督の下、チーム改革を実施。管理野球との批判もあったが、19年ぶりのリーグ優勝を果たす。日本シリーズでもセリーグ優勝チームの中日ドラゴンズを4勝2敗で破り、24年ぶりの日本一に輝く。

翌1983年も序盤から首位を独走、86勝40敗4分の圧倒的な成績で2年連続リーグ優勝、日本シリーズでも歴史に残る大激戦の末読売ジャイアンツを4勝3敗で下し、2年連続日本一。西武ライオンズの黄金時代の始まりとなる。

1984年こそ、阪急ブレーブスの後塵を配したものの、翌1985年からはリーグV4、1989年の近鉄バファローズの優勝をはさみ、1990年からはリーグ5連覇と圧倒的な強さを見せる。

特に1986年以降の森祇晶監督政権下では、投打ともに圧倒的な戦力(秋山幸二オレステス・デストラーデ清原和博石毛宏典伊東勤辻発彦平野謙など)が揃い、特に渡辺久信(最多勝3回、最高勝率1回)、郭泰源(MVP1回、最高勝率2回)、工藤公康(MVP1回、最高勝率3回)、石井丈裕(MVP、最高勝率、沢村賞各1回)、鹿取義隆最優秀救援投手1回)などを擁した投手陣や、AK砲と呼ばれた秋山清原の打力は他球団から恐れられた。
その間、9シーズンでリーグ優勝8度、日本一6度と、まさにスターぞろいの『常勝軍団』であった。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


1995年の東尾修監督就任以降、オリックス・ブルーウェーブの連覇を許し、一時期の黄金時代とまではいえなくなったが、1997・1998年にはリーグ連覇。

しかし、2001年まで3連続V逸となり、2002年からは、伊原春樹が監督就任。即リーグ優勝を果たすも、2004年からは伊東勤に監督を禅譲。

その2004年もレギュラーシーズンは2位だったものの、プレーオフを勝ち上がり、リーグ優勝。しかし、3年連続V逸に加え、2007年には26年ぶりのBクラス転落、25年連続Aクラスの日本記録が途切れ、伊藤監督は辞任。

2008年は渡辺久信監督の下、黒江透修をヘッドコーチに、大久保博元を打撃コーチにするなどコーチ陣を一新。その結果、打撃力が大幅にアップし、4月に首位になって以来一度もその座を明け渡さず、埼玉西武となって初めての年で4年ぶり21回目のリーグ優勝を決めた。

と、近年は監督交代・即優勝というジンクスが続いていますが、2010年はどうなるか見ものです。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


<永久欠番など>
現在は永久欠番の設定は無いが、西鉄ライオンズ時代には存在した。
3:大下弘
6:中西太
24:稲尾和久
いずれも、いわずと知れた名選手の番号ですが、西武への身売りの時点で永久欠番が失効してしまっています。惜しいハナシです。

また、一時的に準永久欠番扱いだった番号が下記の通り存在しています。
27:伊東勤(2004〜2006年)
32:ミゲール・デルトロ
ライオンズを退団し、メキシコ帰国直後の2001年10月6日交通事故死。哀悼の意味を込め、翌2002年の1年間欠番。
59:板沢峰生
1979年ドラフト外で入団。将来を嘱望されるも、1980年12月3日急性心不全で死去。哀悼の意味を込め、翌1981年から1989年までの9年間欠番。

伊藤勤の27に関しては、本人の功績が大きいですが、特殊な事情での欠番となっています。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−球団史, 16:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964402
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト