私的Pedia(野球編) 福岡ソフトバンクホークスの歴史
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:福岡ソフトバンクホークス
JUGEMテーマ:プロ野球全般
 
さて、今日は昨年パ・リーグ3位の福岡ソフトバンクホークスの歴史。
ご存知のとおり、『南海ホークス』をルーツに持つ球団でございます。

南海からダイエーへの身売り、大阪から福岡への本拠地の移転、などがあることから、身売りの時点で別チームとして歴史を見るべきか迷ったところではありますが、『ホークス』の愛称を残している点や、球団サイドにも南海ホークス時代からの歴史を大事にする姿勢が見て取れるので、ここでは同一の球団として扱うことにします。
*オフィシャルサイトでも球団史は南海ホークス時代からになっています。

さて、そんなホークスのここ5年の成績ですが・・・
  • 2009年:3位
  • 2008年:最下位(交流戦優勝したのに・・・)
  • 2007年:3位
  • 2006年:3位
  • 2005年:2位(レギュラーシーズンは1位通過、プレーオフ敗退で2位)
とまあ、健闘はするし、優勝してもおかしくない戦力は有していながらも、プレーオフ制度開始以降、日本シリーズからは遠ざかってしまっています。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


 
球団の創設は、1938年と古く、当初は南海電鉄を親会社として南海軍としてスタートしています。
ただ、設立当初は選手が少なかったなどの諸事情で、秋季リーグからの参加となっています。
当初の本拠地は大阪府の堺市にあった大浜球場でした。

ただ、公式戦は本拠地ではない阪急西宮球場や甲子園球場で行われることが多かったといいます。

戦前のチーム戦績は芳しくなかったものの、後の名将・鶴岡一人らがチームを支えていました。

戦時中、企業統合政策によって、親会社の南海電鉄と関西急行電鉄が合併して、近畿日本鉄道となったことにより、チーム名も近畿日本と改められることになりました。
ただし、このチームと、後の近鉄バファローズに直接の関連はありません。

終戦後の1946年にリーグ戦再開とともに、チームも復帰し、あわせてチーム名をグレートリングと改称しています。監督は鶴岡一人が選手兼任で勤め、戦後の混乱で物資・食料が不足する中、鶴岡は公私を問わず選手らの面倒をみるなど奔走。機動力を重視した戦術で、プロ野球再開シーズンを球団初優勝で飾った。

翌1947年には、旧南海鉄道の事業一切が近畿日本鉄道から南海電気鉄道へ譲渡され、球団の親会社も南海電気鉄道へ移行。これにあわせてチーム名を南海ホークスに改称した。

歴史にもしもは禁物ですが、このとき、近畿日本鉄道旧南海鉄道を手放さなかったら・・・戦後の日本プロ野球の歴史も、相当大きく変わっていたかもしれませんね。なんせ、近鉄バファローズの設立は、南海電気鉄道の独立後の話ですからね・・・

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


南海ホークス時代は、鶴岡一人が、1968年までの長きに渡って勤めています。
但し1965年に一旦勇退しているのですが、後任監督となった蔭山和夫が就任4日後に急死したため復帰し、結局1968年まで指揮を取っています。

この間の南海ホークスは強豪なのに貧乏球団。という実態に悩まされ続けていました。
鶴岡一人監督のもとで、チームは9度のリーグ優勝と、2度の日本一に輝いているのですが、TV中継の拡大とともに、日本テレビ放送網やその他の大手TV局系列によるジャイアンツ戦の全国ネット中継ジャイアンツと同一リーグのために、何度も対戦する阪神タイガース戦が頻繁に放送されるようになり南海ホークス戦の放送回数を大きく上回るようになった。それに よって従来パ・リーグ人気が高かった関西でも野球人気がセ・リーグ偏重となり、パ・リーグの南海ホークスの人気は低落していくという悪循環もありました。

そのため、球団経営は非常に苦しく、毎年の赤字を電鉄本社が補填し続ける現状に、電鉄労働組合からは賃上げ闘争のつどやり玉に挙げられ、「野球に回す金があったら給料を上げろ」「早く球団を売れ」と黒字化の見通しの立たない球団への風当たりは強いものがありました。(こういった傾向は、同様にパ・リーグの在阪電鉄系列の球団であった、阪急ブレーブス近鉄バファローズにもあったといいます。)

さらに、本拠地球場が難波という南海以外の鉄道でも来場可能な繁華街にあったコトが逆に災いし、球団の集客が鉄道業へのプラス効果に繋がりにくいという、他の在阪2球団と比べても、より南海ホークスの立場を苦しくしていたといいます。

ちなみに、現在では優勝チームが当たり前のように行っている、『ビールかけ』は1959年の南海ホークスが初めてとされています。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


南海ホークスの監督は1969年の飯田徳治が就任したものの、成績低迷で1年で解任。翌年からは、野村克也が選手兼監督として、1977年までチームを率います。
この間、現在のID野球の原点となる「シンキング・ベースボール」をスローガンとし、1973年にはリーグ優勝、それ以外の年も6度のAクラス入りと安定した成績を収めていたが、1977年オフに野村克也が解任されると、それに歩調をあわせるように、江夏豊柏原純一といった主力選手がチームを去り、チーム力が大きく低下する。

その後は成績も低迷、監督もころころ変わり、同じ時期に同じ関西の阪神タイガースでは掛布雅之岡田彰布などの若きスター選手が台頭したこともあってますます両球団の人気格差は開き続けた。

そして、ついに1988年、ダイエーへの球団売却が決定。同年、門田博光が40歳という年齢で44本塁打・125打点を挙げ40歳の選手としての最高記録をマークして南海ホークス最後の花道を飾った。
南海ホークスとしてのホームゲーム最終戦後のセレモニーで杉浦監督は「長嶋君ではありませんがホークスは不滅です。ありがとうございました、(福岡に)行ってまいります!」とのスピーチを残し、南海ホークスの歴史に幕を下ろすことになった。

球団売却の背景としては、関西国際空港開業に伴う難波再開発事業を推し進め、不採算の球団を売却しようとする南海側と、福岡再開発事業の目玉に球団を保有し、九州を核としアジアをも視野に入れた商圏拡大を目論むダイエー側の思惑が一致したためであった。

そして、南海側からの、「ホークス」の名を残すことと杉浦監督の留任を条件提示をダイエー側が受諾し、南海ホークスの売却が1988年11月1日に行われた。

売却に対し「難波のホークスはどこへもやらん!!」として反対・署名運動も行われたが、結局、売却&移転は断行され、球団名も福岡ダイエーホークスに変更となった。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


福岡移転当初は福岡市の平和台球場を本拠地とした。ここはかつて、西鉄ライオンズが本拠地としていたため、福岡のファンに受け入れられるか心配されていたが、10年ぶりのプロ球団設置に地元では歓迎ムードの方が大きかった。

もっとも、移転してしばらくは、成績の低迷もあって、今のような圧倒的人気という訳には行かずスタンドには空席が目立つことも多かった。

現在の本拠地、福岡ドームとなったのは、1993年のこと。同時に根本睦夫が監督に就任する。同年オフには、現状打破に向け、佐々木誠村田勝喜橋本武広とのトレードで、西武ライオンズから秋山幸二渡辺智男内山智之を獲得。当人同士は勿論の事、両チームの監督やオーナーなどにも正式発表まで知らされなかった、水面下での大型トレードを成立させ、日本中を驚かせた。

翌1994年には優勝争いに加わるものの、惜しくも4位。しかし、貯金9と勝ち越しを収め、実に南海ホークス時代の1977年以来の勝ち越しを収める。
同年オフには駒澤大学への進学を表明していた城島健司捕手をドラフトで強行指名、翌年からの監督就任が決まっていた、王貞治やフロント入りした根本睦夫氏らの必死の説得もあって、獲得に成功。さらにはFAで西武ライオンズから石毛工藤といったスター選手の獲得にも成功。
西鉄ライオンズ時代の本拠地だった関係で当時の福岡にはライオンズファンも多かったが、ライオンズから多くの主力選手を移籍させることにより、これらのファンをホークスファンとすることに成功した。

しかし、これらのチーム作りの成果が花開くのは1999年まで待つことになる。

この間には、1996年の生卵投げつけ事件、20年連続Bクラスでかつ4位以下のワースト記録樹立といったこともあり、我慢のシーズンが続く。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


1999年、王監督の下、城島健司の成長、キャプテン秋山幸二やエース工藤公康などがついに実を結び、福岡移転後初のリーグ優勝を果たす。実に、26年ぶりの快挙であった。
さらに日本シリーズでは星野仙一率いる中日ドラゴンズを4勝1敗で下し、日本一となった。
このとき、球団の地元である北部九州地区でRKB毎日放送で中継された1999年10月28日の第5戦は、ビデオリサーチ調べで平均視聴率47.1%(RKB毎日放送史上1977年・1978年の日本レコード大賞に次ぐ歴代3位)、瞬間最高視聴率71.6%という驚異的な数字を記録した。

これは現場の選手・監督・スタッフのみならず、地域に根ざした人気球団を作ろうという方針を我慢強く貫徹し、それをファンが我慢して支え続けてくれたからこその快挙といえよう。そうでなければ、福岡移転から10年もの間、ファンもオーナー会社も我慢できなかっただろう。

*この点が、同じ身売り球団のオリックスとの大きな違いと、私は思っている。阪神淡路大震災という天災に便乗するような形で、かりそめの地域密着しかできず、かたくなに神戸をチーム名に冠することを拒み、ブレーブスという伝統をないがしろにしたオリックスと。

翌2000年はリーグ2連覇。以降は優勝争いの常連となり、2003年には前年まで21年連続で負け越していた西武ライオンズにも勝ち越し、リーグ「完全優勝」(全球団への勝ち越し)を達成。
日本シリーズでは全試合でホームチームが勝利するという珍事もあったが、ホームゲームが4試合あったホークスが日本一に輝く。
また、史上初の100打点の選手が4人(井口資仁、松中信彦、城島健司、ペドロ・バルデス)の「100打点カルテット」が活躍した。

翌2004年もレギュラーシーズンは1位で通過。プレーオフで西武ライオンズに敗れるも、松中信彦の三冠王、リーグMVP、抑え投手として活躍した三瀬幸司新人王に輝き、ベストナインにも4名が入った。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


しかし、2004年、ホークスは存続の危機を迎える。

親会社であるダイエーが経営破たんし、自主再建を断念し、産業再生機構の管理下に入る。機構側が「国営ホークスになることは無い」と語ったことから球団の売却が濃厚になる。
同時期に勃発していた、オリックス・近鉄の球団合併騒動も絡み、ロッテダイエーを合併して「福岡ロッテホークス」を発足させ、10チームでの1リーグという、ナベツネ&宮内という悪の枢軸の思惑通りになる危機を迎えた。

しかし、福岡県出身の孫正義率いるソフトバンクグループがホークスの買収を表明。イーグルスの新規参入も認められ、ひとまずは危機は去り、2リーグ12球団が維持されることとなった。

*正直、この事件までは、孫正義という経営者は好きではなかった。ITバブル期の拝金主義の権化のような印象を持っていたからに他ならないわけだが、この事件を契機に、孫正義の地元愛や王貞治への対応を見て、孫正義という人物を見直すこととなった。

成績だけを見れば、2003年以降は日本シリーズから遠ざかっているものの、福岡ドームは連日の大入り、オーナーはダイエーからソフトバンクに変わって、チームカラーがオレンジからイエローに変わりはしたものの、球団愛称の"ホークス"は守られ、福岡のチームであり続け、現監督の秋山や、かつての城島、松中、馬原、杉内、本多、川など主力選手に九州出身者が比較的多くいる、地域重視のチームであることは、ダイエーホークス時代から変わっていない。
また、球団応援歌の「いざゆけ若鷹軍団」も、チーム売却に際して、手をつけなかったのもファンに受け入れられているのだろう。

また、球団創設70周年に際して、南海ホークス時代、福岡ダイエーホークス時代それぞれの復刻ユニフォームで交流戦を戦うなど、オリックスと違い、ルーツとなった球団の歴史を重んじている点も、ファンには好意的に受け取られており、見逃せない。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


<永久欠番など>
正式な永久欠番は存在しないが、準永久欠番が存在する。

15:藤井将雄
1990年代終盤に「炎の中継ぎ」として活躍し、1999年当時のリーグのホールド記録を樹立して、リーグ優勝・日本一の大きく貢献したが、日本シリーズ中から胸の痛みを訴え、入退院を繰り返しつつも復活を期して2軍で調整していたが、2000年10月13日、チームのV2を見届けたのち、肺癌のために逝去。享年31。

89:王貞治
1995年から2008年までの14年間、ホークスの監督として指揮を執り3度のリーグ優勝と2度の日本一を成し遂げ、GMとしてもチームに貢献。
球団は王貞治の後任監督、秋山幸二に89番を渡す予定だったが、秋山幸二「恐れ多くも自分が背負うには重すぎる」と辞退。これにより、球団は89番を欠番扱いとする事を表明した。

90:景浦安武(あぶさん)
いわずと知れた、水島新司の野球漫画「あぶさん」の主人公。
暗黙の了解でこの背番号の使用は禁制となっている。そのため、南海時代から90番をつけた人物はなく、現在に至るまで球団の配慮で欠番扱いになっている。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−球団史, 15:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964398
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト