私的Pedia(野球編) 中日ドラゴンズの歴史
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:プロ野球全般
JUGEMテーマ:中日ドラゴンズ
 
そろそろ、このチームにも触れておかないと、名古屋のほうから、何か飛んでくるかもしれません・・・
最も、タイガースジャイアンツと同様、歴史の長い球団であるのはいうまでもありません。
昨年のセ・リーグ2位の中日ドラゴンズの歴史です。

そんなドラゴンズのここ5年の成績ですが、
  • 2009年:2位
  • 2008年:3位
  • 2007年:2位、但しCSで勝ち上がり日本一
  • 2006年:優勝
  • 2005年:2位
2004年の落合監督就任以来、常にAクラス入りする強豪球団であり、落合監督の独自のスタイルには賛否両論あるところだが、きっちり結果を残しているのは確かである。
12球団で最もBクラスから遠ざかっているチームでもある。

親会社である中日新聞社読売新聞社に異常なまでの対抗心を燃やし、近年はFA補強などでジャイアンツと競り合うことも多い。


[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]
 
そんな中日ドラゴンズの誕生は1936年の1月。新愛知新聞社を親会社として名古屋軍として結成された。ドラゴンズの愛称がついたのは戦後のことになる。

1934年の大リーガー選抜来日時に、新愛知新聞社田中斎読売正力松太郎より名古屋でのプロ野球球団結成の要請を受けたのが球団誕生の契機。
新愛知新聞社は傘下の国民新聞社でも大東京軍(ジャイアンツとは別モノ。松竹ロビンスの前身)を結成させている。

「日本職業野球連盟」にも大東京軍とともに当初から参画している。

しかしながら、球団発足から間もない1937年にお家騒動で、チームが分裂。初代総監督の河野安通志やその他主力選手がイーグルス(後の黒鷲軍・現楽天イーグルスとは無関係)を結成したことから、チーム力は大幅ダウン。

慢性的に選手が不足していた戦前のプロ野球において、後に永久欠番となる15番で活躍した西沢道夫らの活躍はあったものの、総合力でジャイアンツタイガースには及ばず、優勝からは縁遠いチームであった。

1942年には、戦時下の新聞統廃合令によって、親会社の新愛知新聞社名古屋新聞社(旧:名古屋金鯱軍親会社)が統合され中部日本新聞社として新設。
合併に伴う本社人件費の増大により球団経営見直しの声が挙がり、球団への投入資金は大幅減少し、1943年のシーズン後には、ついに球団自体を理研工業傘下へと身売り。チーム自体も産業軍に変更となった。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


戦後、1946年にプロ野球は再開することとなるが、それと同時に球団経営に中部日本新聞社が復帰。チーム名も中部日本と改称される。そして、翌1947年の全チームへの愛称導入時に、当時のオーナーだった杉山虎之助中部日本新聞社社長)の干支である辰の英訳「ドラゴン」から「ドラゴンズ」とされている。
このときは後に永久欠番となる10番を背負った服部受弘が野手に投手に大車輪の働きをみせ戦後すぐのチームを支えた。

が、1947年オフにもまたもお家騒動で、戦時中の名古屋軍時代からチームを支え続けた、理事の赤嶺昌志がチームを去ると、彼を慕う選手らの大量流出を招き、またもやチーム力の大幅ダウンを余儀なくされてしまう。

1948年には、チーム名が現在の中日ドラゴンズに改称されるが、1951〜1953年は名古屋鉄道の経営参画により、名古屋ドラゴンズに一時改称していた。(1953年オフの名古屋鉄道の撤退を持って、中日ドラゴンズに戻っている。)

チームとしての初優勝は1954年。実に球団創設から、18年を要しての悲願達成であった。そのときに活躍した選手の中に、『フォークの生みの親』と称される、杉下茂投手がいる。

その後、幾度と無く上位には進出するのだが、優勝からは遠ざかる。

悲願の2度目の優勝を果たしたのは、1974年。ジャイアンツのV10を阻止した年のことである。このときの主力が、高木守道星野仙一谷沢健一といった面々である。

しかしながら、黄金時代とは行かず、しばらくはBクラスに低迷することとなる。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


3度目のリーグ制覇は1982年、近藤貞雄監督の下、平野謙らの若手を登用。他の野手では大島康徳、田尾安志、ケン・モッカ、宇野勝、谷沢らで「野武士野球」と呼ばれる攻撃的な打線を組み、投げては、先発には郭源治ら、リリーフには牛島和彦の活躍のもと、継投を駆使する投手起用を見せた。また、この年にプロ野球記録となる19引き分けを記録している。

しかし、翌年からは再び成績が低迷する。

1984年には、星野仙一が監督に就任し、大型トレードで2年連続三冠王の落合博満を獲得。
1987年には、ルーキー近藤真一プロ初登板初先発ノーヒットノーランという大偉業を達成。ペナントレースも、前年の不振を払拭し、5月には一時的に首位に立つなど、最終的には2位を確保する。
そして、1988年には、序盤で遅れるものの、7月9日以降は50勝15敗3分、勝率.769と驚異的なペースで勝ち進み、10月7日に逆転優勝を果たす。生え抜き監督での優勝は球団史上初。
星野仙一は1991年まで監督を務める。

1992年からは、高木守道が監督に就任。初年度こそ最下位に終わったものの、1993年からは、今中慎二山本昌広のダブル左腕エースの大活躍や、1994年には投打のタイトル総なめの活躍を見せるなど、優勝は逃すものの上位での戦いを続ける。

1996年には星野仙一が監督に復帰、再びジャイアンツとの熾烈な優勝争いを演じ、“強竜(恐竜)打線”の愛称も一層の定着を見せた。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


1997年からは、本拠地を現在の名古屋ドームへと移す。外野が狭く、ホームランが量産できるナゴヤ球場から、広いナゴヤドームへの移転に際して、野手陣の慣れが追いつかず、5年ぶりの最下位に終わったことを受け、星野監督はチーム改革を断行。

守備力と機動力を確保するためパウエルを解雇、阪神へ矢野輝弘大豊を放出、交換で関川浩一・久慈照嘉が入団。また韓国ヘテから李鍾範を獲得。更に明治大から星野の後輩である川上憲伸がドラフト1位で入団。以降、中日は打のチームから投手と守備力を活かしたチームへと生まれ変わることになる。

そして、1999年には開幕からいきなり11連勝、12球団随一の投手王国のもとに大型連勝を重ね、7月2日から8連勝したのに加え、シーズン終盤も9月21日から再び8連勝して一気にゴールテープを切り、見事に優勝。

以降は2001年こそBクラスに終わったものの、ほとんどのシーズンを上位で終え、2004年、2006はリーグ優勝、2007年はレギュラーシーズンこそ2位で終えたものの、CSでジャイアンツを下し、そのままの勢いで日本シリーズも制し、53年ぶりの日本一に輝いた。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]


<永久欠番など>
10: 服部受弘
1939年名古屋軍に捕手として入団。1941年に本塁打王に輝くなど強打の捕手として活躍したが、翌年、戦争に徴兵される。無事、戦地から生還し、戦後1946年に復帰。戦後は投手に転向したが、選手不足の事情の中、登板機会の無いときは捕手としても出場。
実働15年で7つのポジションを守るという器用な選手でもあった。
なお、野球殿堂入りは果たしていない。

15: 西沢道夫
初代「ミスタードラゴンズ」と呼ばれる人物で、1936年12月、15歳で名古屋軍の入団テストを受け投手として入団。年齢不足のため1年目は養成選手(練習生)として過ごし、1937年9月5日に公式戦初登板。満16歳と4日での公式戦出場は、現在も日本プロ野球史上最年少記録である。
黎明期の選手によくあったように、彼もまた投手・野手を兼任しているが、双方でレベルの高い活躍を見せ、投手として20勝打者として40本塁打の双方を記録したのは日本プロ野球史上では西沢だけである。1977年に野球殿堂入りを果たしている。


中日ドラゴンズ出身者で名球会に加入している選手が現役時代につけていた背番号(41・1=高木守道、14・41=谷沢健一)はすべて永久欠番にはならず、やはり名球会メンバーで2009年まで在籍した立浪和義の背番号「3」も一部有志が永久欠番にしようと署名活動を行ったものの、認められることはなかった。これは中日での永久欠番の条件が日本一に貢献した選手に限られるためと言われている。

なお、1954年の日本一の最大の功労者である、フォークの神様・杉下茂の20番に関しては、諸説あるが、当の本人が背番号(20)が代々受け継がれていくことを望んでいる、と語っている。

その後のドラゴンズの20番といえば、エースナンバーであり、権藤博、星野仙一、小松辰夫などが背負っている。

ただし、現在の落合監督「エースナンバーは18」が持論であり、中田賢一に「空いていた背番号」として20を与えている。このときも物議をかもしているが、落合監督は『20がエースナンバーだって言うんなら、杉下さんで永久欠番にすりゃよかったんだ』と答えている。

[PR]■ゴルフ場予約サイト 楽天GORA■リアルタイムにいつでもどこでも予約可能! [PR]
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−球団史, 15:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964396
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト