2010センバツ出場校(中国・四国・九州編)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:高校野球
 
私立開星高等学校(島根県松江市)
 センバツは2年連続2回目の出場となる。夏の選手権は6回出場しているが、春夏それぞれ1勝づつしか挙げられていないが、今回は秋季中国大会を制しての出場だけに、躍進が期待される。
 プロ野球選手は2名輩出しており、いずれもベイスターズに所属している。
 中高一貫校であり、開星中学校のOBとしては、プロテニスプレイヤーの錦織圭がいる。(彼はIMGニック・ボロテリー・テニスアカデミーに留学するため、開星高校には進学せず、青森山田高校の通信課程に進んでいる)

・私立関西高等学校(岡山県岡山市北区)
 2007年以来10度目のセンバツ出場となる。夏の選手権も7度出場。センバツでは2度準決勝まで進んだことがある。
 なお、よみは「かんぜい」であり、関西と表記するが、関西地区に地縁があるわけでも、関西大学、関西学院大学と繋がりがあるわけでもない。「広く関西からも優秀な生徒を集めたい」というのが、校名の由来だそうだ。
 プロ野球選手も多数輩出しているが、現役は育成選手も含めて5名である。セ・パ両リーグ1000本安打を達成した、大杉勝男氏が同校OBである。
 野球以外では体操が有名で、ロス五輪金メダリストの森末慎二氏北京五輪金メダリストの水鳥寿思氏を輩出している。

私立広陵高等学校(広島県広島市安佐南区)
 センバツは2007年以来22度目となるが、センバツだけでも優勝・準優勝各3回、夏の選手権は19回出場し準優勝3回という強豪校である。
 2007年夏、8回裏時点で4−0とリードし、夏の初優勝に手がかかったかと思った矢先、佐賀北の劇的な逆転劇の前に破れたシーンは、いまだに鮮明に焼きついている。
 古くからプロ野球選手を多数輩出しており、古いところでは「元祖神主打法」で野球殿堂入りもしている岩本 義行氏、現役でもタイガース福原忍ファイターズ二岡智弘ジャイアンツ西村健太郎など、多数の主力級が並ぶ。
 野球以外では、「佐賀のがばいばあちゃん」でベストセラーを出した、島田洋七氏が当校のOBである。(但し、野球部には仮入部だけ、学校も1年で退学している。さぞかし2007年の夏の決勝は複雑な心境だったろう)

県立今治西高等学校(愛媛県今治市)
 センバツは4年連続12回目の出場となる。夏も10回出場している古豪だが、春夏いずれも準決勝の壁を突破できずにいる。
 ジャイアンツに移籍した藤井秀悟投手が現役としては、唯一のOBである。
 また、県内屈指の進学校であるため、各界にOBを輩出。2007年にミャンマーにて銃撃を受けて非業の死を遂げたジャーナリスト長井健司氏も当校のOBである。

私立高知高等学校(高知県高知市)
 2007年以来15回目のセンバツ出場となる古豪で、センバツでは優勝1回、準優勝1回を挙げているが、近年は甲子園出場を果たすものの、なかなか勝利には恵まれないでいる。
 古豪ということもあって、プロ野球選手となったOBは殆ど現役を引退している。現役はホークス甲藤啓介と、タイガースのドラ1ルーキー、二神一人のみである。
 野球以外では、大相撲土佐ノ海関がOBである。

県立川島高等学校(徳島県吉野川市)
 21世紀枠で、春夏通じて初めての甲子園出場となる。県立の中高一貫校。わずか部員18名の少数の野球部ながら、秋季四国大会でベスト8入りが評価されて、21世紀枠での出場となった。
 マリーンズ服部泰卓投手がOBである。
 東京新聞で通算44年間にわたって連載された『ほのぼの君』という漫画の作者、佃公彦氏も同校OBである。

[PR] 「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト[PR]

・私立自由ケ丘高等学校(福岡県北九州市八幡西区)
 ほぼ無名ながら、秋季福岡大会を制し、九州大会でもベスト4入りして、春夏通じて初の甲子園出場を果たした。
 九州共立大傘下の高校が開設、併合を繰り返して、2002年に現在の自由ヶ丘高校となった。
 八幡西高等学校時代のOBからはプロ野球選手が出ているが、いずれも現役は退いている。

県立宮崎工業高等学校(宮崎県宮崎市)
 宮崎大淀高校時代に夏は2回出場があるが、選抜は初出場。秋季九州大会で準優勝となり、センバツの切符を手にした。
 大淀高校時代のOBにはプロ野球選手もいるが、現役の選手はいない。
 ちなみにコブクロの小渕健太郎はここのOBである。

県立嘉手納高等学校(沖縄県中頭郡嘉手納町)
 春夏通じての甲子園初出場であるが、秋季九州大会を制しての堂々の出場である。
 しかし、秋季沖縄大会では興南高校に敗れており、甲子園の舞台でリベンジを果たせるか、初の沖縄勢対決なるか、に注目が集まる。

私立興南高等学校(沖縄県那覇市)
 センバツは2年連続の4回目の出場となる。夏の選手権にも8回出場。秋季沖縄大会を制し、秋季九州大会でベスト4入りを果たして、史上初の沖縄県勢2校同時出場となった。
 沖縄県内における伝統的なスポーツ校であり、数多くのプロ野球選手を輩出している。著名なところでは、元タイガース仲田幸二氏ベイスターズライオンズドラゴンズで活躍したデニー友利氏がOBである。
 また、同校出身のプロボクサーも多く、13連続防衛記録の保持者、具志堅用高もOBである。

[PR] 選手がグングン成長する奇跡の投手育成法 [PR] 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:野球全般, 15:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964391
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト