私的Pedia 横峯さくら
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:ゴルフ 
さて、国内の女子ゴルファーを紹介する上で、敬意を表してこの人を最初にするのが一番でしょう。
賞金女王・横峯さくらiconである。若干24才にして、すでに通算15勝。
また、特筆すべきは、ベスト10入りの数の多さと、予選落ちの少なさ。
特に今シーズンは22試合でベスト10、予選落ちは2008年米ツアーのフィールズオープンまでさかのぼり、国内に限れば、2007年5月のヴァーナルオープンで初日で棄権したところまでさかのぼる。
これだけ、予選通過率・ベスト10入り率の高い選手もいない。

国内女子も、長く人気の低迷が続いてきたが、宮里藍iconとともに、そこからの回復の立役者といってもいいでしょう。
iconicon

<クラブセッティング>
・ドライバー:ダンロップ ザ・ゼクシオドライバー(ロフト:9.5度) icon
・FW&UT:ダンロップ オール ニューゼクシオ フェアウェイウッド icon(3・5・9番)
・アイアン:ザ・ゼクシオ アイアン(5番−PW、AW) icon
・ウエッジ:クリーブランド ツアーアクション REG.588 ウェッジ(ロフト:52度) iconクリーブランド CG11 ウェッジ(ロフト:58度) icon
・パター:オデッセイ ブラックシリーズi #1 icon
・その他ギア:ダンロップ iconルコックicon

 
 
さて、そんな横峯さくらiconであるが、確かに強いし、コンスタントに上位に来る、安定感も持っている、すばらしいゴルファーだと思う。
だが、アマチュアは参考にしてはならない典型のゴルファーでもある。

ゴルフというスポーツは、『再現性』というものがキモになるわけだが、彼女の場合は変則的なフォームであっても、猛練習の末に高い再現性を確保できていることが、今の結果に繋がっているわけで、プロのように練習できないアマチュアには、真似をしてはいけないポイントが満載なのである。

特に男性アマチュアの場合は、女子プロに学ぶところが多いのは事実だが、横峯さくらiconiconだけは例外と思ったほうがいいだろう。

まず、横峯さくらiconicon独特のオーバースイング
オーバースイングの悪癖を持つアマチュアゴルファーは数多いが、オーバースイングの何が悪いか、ハッキリ理解できている人は、ことのほか少ない。

ヘッドスピードを上げたほうが飛距離が出るので、オーバースイングでクラブヘッドの運動量が増えること自体は、悪いことではない。

悪いのは、
1.自身の自然な可動域よりも大きく動かしてしまうと、極端に再現性が悪くなる。
2.いわゆる『フライングエルボー』を併発して、スイングプレーンがぶれる事。
これらが、オーバースイングの悪影響といわれている。

横峯さくらiconiconの場合、トレーニングの末に可動域が広がっているから、あのスイングでもOK。また、よくよく見ると、『フライングエルボー』にはなっていないから、あれでよいのである。
横峯さくらiconiconの場合、スイングプレーンが、彼女の体格からすると極端にアップライトになっているので、『フライングエルボー』に見えやすいが。


あともう一つ、一般ゴルファーが横峯さくらiconiconの真似をしてはいけないポイントがある。
そう、パッティングである。

横峯さくらiconiconのパッティングフォームは、ストローク型に分類してよいと思うのだが、インパクト後に右ひじが引けたフォームになっている。
これを素人が真似すると、ヘッドアップを誘発し、弱い球足になってしまい、打ち切れなかったり、ライの影響を必要以上に受けてしまうことになる。

繰り返すが、ゴルフは『再現性』のスポーツ。横峯さくらiconiconの練習量だから、あのフォームでもパターがポンポン入るのである。
*ただ、横峯さくらiconiconのパターが悪いときは、弱弱しいボールでショートしたり、読みよりも曲がりすぎてはずすことが多い。その辺は、あの打ち方の悪影響かもしれないが。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−国内女子, 21:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/964379
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト