アメリカ女子ツアー 2008の展望
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
今回は上田桃子iconの参戦も決まったということで、俄然注目度の上がっている、アメリカLPGAツアーの展望。

2008年度のアメリカ女子プロゴルフツアーは前年度に比べ試合数、賞金総額共にアップし史上最高の年を迎えることになる。特に賞金総額200万ドル(約2億3000万円)以上の試合が「13試合」と、かなり充実している。新設大会は2月末シンガポール開催となる「HSBC女子チャンピオンズ」や、秋にはロレーナ・オチョアiconが育ったメキシコ・グワダラハラ開催となる「ロレーナ・オチョアicon・インビテーショナル」などがある。

いやはや、男子も女子もアメリカゴルフツアーはバブリーですねぇ・・・とはいえ、女子の方は男子のように『桁が違う』とまでは行かないようですね。

2006年に初の賞金女王に輝いたときはツアー6勝を挙げていたロレーナ・オチョアiconは、2007年シーズンには念願のメジャー優勝(全英リコー女子オープン)を含む 8勝。年間獲得賞金もツアー記録となる430万ドルを突破した。飛距離(ツアー3位、平均270ヤード)、アイアンの切れ(パーオン率:ツアートップの 73%)、パッティング(平均パット数:ツアートップ)などすべてのデータを見ても上位に入っているオチョアの時代は、数年は続くのではないかと高い評価を受けている。2008年シーズンは、ツアー記録となるミッキー・ライトのシーズン13勝に挑戦するほどの勢いがあるように感じられる。

しかしまあ、去年のロレーナ・オチョアiconは強すぎでしたね。近年、アメリカLPGAは賞金女王が数年間君臨する傾向がありますが・・・
年齢的にもロレーナ・オチョアiconは現在26歳と年齢的にもピークを迎えているだけに、優位に立っていることは間違いないでしょうね。なんたって、各スタッツ全てにおいてトップクラスですし。
年間記録とは行かないまでも、今年同様の勝ち星は重ねていくんでしょうねぇ・・・

オチョアのライバルとして真っ先に名前が挙がるのが、2007年度成長株ナンバーワンのスーザン・ペターセンicon(ノルウェー)。ロレーナ・オチョアiconの8勝には及ばなかったが、メジャー優勝(マクドナルドLPGAチャンピオンシップ)を含む5勝と、ツアー参戦5年目で大ブレークイヤーとなった。スーザン・ペターセンiconロレーナ・オチョアiconに負けないぐらいの飛ばし屋(ツアー5位、平均270ヤード)という点に加え、闘志むき出しのスタイルや攻撃的でエキサイティングなプレーには、これからももっとファンが増えていくことだろう。

しかしまあ、女子ゴルフの場合、北欧から強い選手が続々と出てきますよね。ちょっと懐かしいところで言えば、リサロッテ・ノイマンもスウェーデンですし、アニカ・ソレンスタムiconもスウェーデンですからね。

賞金女王に輝くこと8回と常にトップに君臨していたアニカ・ソレンスタムiconは、春先の首と背中の怪我が影響し、十分な準備ができないままツアー未勝利のシーズンとなった。コース設計や自身のアカデミー開校、そして婚約などトーナメント会場以外でも多忙な一年を送り、嬉しいニュースもあった。アニカ・ソレンスタムiconはシーズン最後、中東ドバイにて欧州女子ツアーで見事優勝、大会連覇を成し遂げた。ツアープロのキャリアとしては「既にバックナイン」と言葉にしていたアニカ・ソレンスタムiconは、2008年シーズンは女王の意地をみせて復活し、「新女王ロレーナ・オチョアicon」との争いを展開してくるような気がする。


ツアー2年目を迎えた宮里藍iconの2007 年シーズンは、賞金ランクや獲得賞金ではルーキーイヤーを上回る成績を残したが、「全英リコー女子オープン」以降の試合は不振が続き、「壁」にぶつかっていた。試行錯誤を繰り返しながらも「フィーリングを大事にしたい」と語る宮里藍iconは、予選落ちや下位フィニッシュが多かったですが、最終戦でプレーオフの末に土曜日の第3ラウンドに残る意地を見せてシーズンを終えた。2008年はハワイ開幕前、豪州開催の欧州女子ツアーの試合から始動していきたいと予定を組んでいるようだ。問題だったドライバーコントロールをどこまで調整してくるかが鍵になってくるだろう。


USLPGAツアー日本開催試合「ミズノクラシック」で優勝を飾った上田桃子iconは、 1年間のシード権を獲得し2008年はツアールーキーとして参戦する。日本の賞金女王と世界ランキング上位ということで、普通のルーキーが出場できないようなメジャー試合を含む高額賞金大会にも出場できる。しっかり力を出せば90位以内の賞金シードは問題なくクリアできるだろう。しかし、これまで経験したことのない移動や違う芝生、コースへの対応力が問われる年になると思われる。結果だけを求めずにツアーメンバーの1人に溶け込んでいけるかということも大事なので、いろいろなことを吸収してがんばって欲しい。

こうやって見ると、ロレーナ・オチョアiconが強さを持っていることは確かなんですが、同世代のライバルであるスーザン・ペターセンiconの台頭や、『前女王』アニカ・ソレンスタムiconの復活など、見所は多い。

また、去年は『不振』と言われていた宮里藍iconにとっても、『賞金女王&ミズノクラシックチャンピオン』という自身もなしえていない実績を引っさげて参戦してくる上田桃子iconの存在も大きな刺激となるだろう。
願わくば、宮里藍icon上田桃子iconが良好なライバル関係を保ちつつ、アメリカ本土でのLPGAツアー制覇を成し遂げて欲しいものである。

・・・とまあ、アメリカLPGAツアーと言いつつ、アメリカ人にはフラストレーションが溜まっているでしょうね。ここまで取り上げた面子は全てアメリカ人ではないですし、韓国勢&韓国系アメリカ人が一大勢力になっていますし。
なんせ、2007年のトップテンに入ったアメリカ人はわずか3名ですからね。

ま、アメリカ嫌いの私は内心『ざまあみろ』ってほくそ笑んでるんですが・・・
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−海外女子, 17:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/403585
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト