高校野球の特待生制度
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
西武球団の裏金問題に端を発し、野球とカネのつながりがやたらと取りざたされている。
私の大嫌いなゴシップ誌もあること無いこと書き立てているが、それはスルーするとして・・・

ここへ来て、騒ぎは高校野球界にまで波及しており、世間の風潮は「金を出してまで有望選手をかき集める私立高校はけしからん!」という感じになっているが、このマスコミの論調はいかがなものか。

野球以外のスポーツでは、堂々と特待生制度は運用されており、特に日本サッカーが世界に伍する戦いを出来る様になってきたのは、才能ある学生を経済的な問題だけで埋もれさせないようにしてきた「特待生」という制度の功績ではなかろうか。

確かに、野球に限らず「教育の一環」であるはずの高校スポーツにおいて、無節操に金をばら撒いて選手を集めることはいかがなものかとは思う。
しかし、高校野球で「特待生」はけしからんというなら、ルールを作らずに放置してきた高野連にこそ責任があるのに、今やっていることはトカゲの尻尾切りである。
日本学生野球憲章というルールにのっとってというが、それは随分昔からあったものだし、それがありながら高野連は放置してきたのである。

甲子園出場校の選手を見渡すと、大阪人がやたらと地方の高校に引き抜かれているのが目立つ。最近の有名どころでは、イーグルスの田中投手は駒大苫小牧、ファイターズのダルビッシュ投手は東北高校だが、二人とも中学までは関西である。
各地域の代表として出ているのに、遠方からの生徒が多い現状には確かに違和感を覚えるのだが、かといって特待生制度を否定しようとは思わない。
才能ある学生を経済的な問題だけで埋もれさせない、あるいは親の経済的な問題だけで子供の進路を狭めないためにも、特待生・奨学生の制度は有効に活用されるべきだ。
「教育の一環」というなら、親元を離れての集団生活も立派な教育である。

しかしながら、危惧されるのは現役高校生への影響である。特待生の是非や、責任の所在は徹底的に議論される必要はあると思うが、そのしわ寄せを高校球児が受けるような悲劇はあってはならないと思う。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:野球全般, 00:22
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
ありがとうございます。子供たちは野球が好きでこの高校で野球がしたい!この監督についていきたい!と自分で決め、中学卒業とともに親元はなれ過ごすことを選んだわけです。お金と引き換えに優秀な選手をと安易に思うのは大人の悪いところだと思います。野球だけはと頑張って親に負担をかけないようにと思ったところに認められ、結果が奨学金だったとしてもそれがすべて悪いことなのでしょうか。野球だけがなぜと思います。大人の下心と勝手のみの目で一生懸命の子供たちの大切な時間を取り上げないで下さい!今切ない思いの母のつぶやきでした。
m-mama, 2007/04/29 7:12 PM









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/158833
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト