マスターズ開幕〜悲しき賞金王〜
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
まだ日本では男子ツアーは開幕していないというのに、アメリカではメジャー第一戦のマスターズが5日に開幕する。

日本からは、昨年賞金王の片山晋呉とランク2位の谷原秀人が出場する。
谷原秀人は昨年の全英オープンでも5位という好成績を残しているし、切れの良いショットを武器にオーガスタナショナルでの活躍も期待される。
こういう若手(といっても、もう28歳。女子ならベテラン扱いされる年齢だが・・・)が活躍してくれると、日本男子ツアーも盛り上がるのだが。

片山の方だが・・・なにやらご乱心である。
昨年は短尺パターを使って自己最高の27位と結果を残した片山。6度目の挑戦となる今回の“目玉”は、何と「初心者向け、女性向けの5番アイアン」だ。「去年はフェアウエーをキープしても、パーオン率が低かった。こっちの選手の逆で、それは高い球が打てないから。こういう易しいアイアンなら、グリーンで止まってくれる」が理由。こちらの値段では「セットでも300ドル」という格安なものに、シャフトを入れ替えて秘密兵器に仕立て上げた。
 難しいクラブを平気な顔で使いこなすのもプロなら、片山は使えるものは何でも使ってスコアに結びつけるタイプ。「プライドなんて、あるわけないでしょう。7番ウッドを10年前から使ってる男が」と笑い飛ばし、「6、7回は使うよ」という初心者向け5番アイアンで「1つでも上」を目指す。


たしかに、プロゴルファーは結果を出してナンボだとは思うが、見られる職業だというのを片山プロは忘れてはいまいか。
アマチュアゴルファーにとっては、使えるものは何でも使ってスコアに結びつける姿勢は見習うべきだが、彼はプロであり、しかも「日本の賞金王」として出場するのに・・・プライドなんてない、と笑い飛ばされたのでは悲しい限りである。
トレードマークの似合わないテンガロンハットや、試合中のパフォーマンスなどもそうだが、今回の秘密兵器も然り。
男子ツアーの人気回復の方向性を勘違いしている片山プロ。

今からでも、マスターズを辞退して若手の有望株と交代でもして欲しいものだが、悲しいかな現実として日本国内で一番強いゴルファーは彼である。
今年こそは、若手が奮起して、片山プロの1人勝ち状態を打破しないと、男子ツアーの人気回復は厳しいものになるでしょう。

女子ツアーは、若手の華のあるゴルファーの台頭で人気回復を果たした。
男子ツアーは力と技で魅せてくれるゴルファーの台頭を願いたい。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−全般, 18:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/136231
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト