東京ヤクルトスワローズ レビュー
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
セ・リーグも今週末に開幕を控えています。
各球団の戦力分析もセ・リーグに戻り、昨年3位の東京ヤクルトスワローズを分析。

<東京ヤクルトスワローズ レビュー>
どうも、私の世代だと野村・若松両監督時代の印象が強いもんで、投手力のチームという印象が強いんですが、古田PMはどちらかといえば、攻撃力重視のオーダーを組むことが多く、現状としては『打高投低』のチームになっている。
まあ、無理もない。投手力重視で行くなら、正捕手の確立が必須だが、古田PMが選手でい続けるのも、まだまだ自分の後継者として安心して任せられるほどに成長していないということの現われ。

先発投手には石井一久、抑えには高津という柱はいるものの、ピークはとうに過ぎているであろうベテランである。
先発では川島に助っ人のゴンザレスが怪我で出遅れ、リリーフでは石井弘寿、五十嵐の両輪が今季絶望というのが痛すぎる。
思いのほか、高卒ルーキー増渕や助っ人のグライシンガーが使えそうなのは収穫だし、増渕はTVで投球を見たが、特に右打者には相当打ちづらいタイプの投手だ。特に、今シーズンからのルール改正で、投手が左右の角度をより有効に使えるようになったため、彼のようなサイドハンドは、結構打ちにくくなってくるだろう。とはいえ、高卒ルーキーや助っ人に過度の期待は出来ず、投手陣のコマ不足は否めない。

一方打線の方であるが・・・上位打線はかなり強烈である。
トップバッターの青木はよりパンチ力が増しており、ますます攻め方が難しくなっている。続く2番は田中が台頭してきたが、小技が効くタイプなので、青木のスピードがより脅威になる。そして、3番リグス、4番ラミレスと勝負強い打者に続くわけだ。岩村の抜けた穴は大きいが、後釜にはパンチ力のある宮出が納まりそうだし、助っ人のガイエルがすぐに順応するようだと脅威だ。
まあ、岩村の穴は打つほう以上に守る方が大きいようだが、そこはもう目をつぶるしかないのが現状だろう。

まあ、打線を見れば上位クラスの力は十分あると思うが、いかんせん打線は水物である。
古田PMの監督としての真価が問われる一年になるのではなかろうか。


次回は、昨年セ・リーグ2位の阪神タイガースを分析します。

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:プロ野球−セ・リーグ, 23:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.kiri.versus.jp/trackback/127069
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト