祝!優作プロ年またぎ連勝&女子は新記録
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
JUGEMテーマ:ゴルフ

いやはや、前回のブログ記事から4ヶ月強、ようやく国内の男子ツアーも開幕し、ゴルフシーズン到来となりましたが、いきなり優作プロがやってくれましたね。
3日目時点で2位グループにいたので、ひょっとしたらとは思っていましたが・・・中継つけたら独走状態でびっくり。
上がり3ホールのゴルフはちょっと課題も残る感じではありましたが、危なげなく逃げ切り。

序盤は若手の台頭や「100叩きプロ」で話題となった開幕戦だったが、終わってみれば、優作プロが本当に「強い」プロになるための、第一歩となるような大会でしたね。


話は変わって、女子ツアー。こっちは開幕して1ヶ月以上立ったが、まさかまさかの新記録。
15歳の女子高生、勝みなみ選手が、堂々の優勝。
2日目終わって単独トップだった福田プロが初優勝のプレッシャーからかスコアを崩し、かたや勝選手はその1組前でのプレーだったことも流れには影響しているのかもしれませんが、なんともまあ堂々たるプレーっぷりでしたね。
最終ホールで微妙な距離のパーパットをしっかり沈めて優勝を決定づけたあたりは、トッププロの勝ち方ですね。
最終組から追い上げていた、韓国のイ・ボミの追い上げはさすがでしたが『イーグルでプレーオフ』という状況にされたら、さすがに届かないですね。ゴルフの試合にも流れってものはあるし、あの最終ホールで、仮に勝選手がボギーにしてたら、イ・ボミがチップインイーグルで逆転優勝という展開もありえましたからね。そういうシチュエーションにしなかったところに強さを感じましたね。
得てして、「決めて逆転」というシーンは意外とミラクルショットが出やすいもので。(現に、今年の4戦目、渡辺彩香プロが最終ホールのイーグルで逆転勝利を飾った試合もありましたし)

こうなると、勝選手の今後が気になるところですが、女子の場合、アマチュア選手が優勝してから『プロ転向』を宣言できる期限が4週間とのこと。
男子ツアーとは制度が全く異なるので、石川遼プロや松山英樹プロのケースと比べるとずいぶん期間が短く感じてしまうが、まあ滅多にあることじゃないので、なかなか議論の機会がないのは致し方ないところか。
勝選手もいずれはプロ志望ということなので、物事にはタイミングというものもあるだろうし、この優勝をきっかけにプロ転向してしまってもいいんじゃなかろうか。学業との兼ね合いで、どのくらい試合に出られるかは様子見ながらやっていけばいいと思うし、4週間しか期間がないなら、「ひとまずはせっかくの権利なんだし行使しておこう」でもいいと思いますね。
 
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 14:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
先週の国内ゴルフツアー
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
こないだの週末は引越しでバタバタしていて、ゴルフ中継どころではありませんでした・・・

ちなみに、女子のベルーナレディスは茂木宏美が優勝して、17試合目で17人目のチャンピオン誕生。

男子の日本ツアープロ選手権は星野英正が悲願のメジャー初制覇を成し遂げたようですね。


とりあえず、引越し先にまだインターネットが開通していないので、しばらくはこんな感じの更新しか出来なさそうです・・・
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 08:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
先週&先々週のゴルフツアー
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
先週、先々週とゴルフ中継を見られなかったので、今週のツアーが決勝を迎えるまでにとりあえずおさらい。

ってか、先週、男子ツアーは北京だったと思うのですが、中継ありましたっけ??
まあ、北京となれば時差の関係で、中継がゴールデンに食い込んじゃうから、入り込む余地が無かったんでしょうか・・・アジアツアーとの共催で初の国外開催ってことで歴史的な一戦だったはずなんですが、マスコミの注目度はさほど無かったみたいで残念。ま、石川遼iconが出てないので余計だったのかもしれませんが・・・なんか、日本のマスコミはすぐ偏った報道をするので気に入らないです。


と、ぼやきはさておき、まずは先々週から。

男子は中日クラウンズが例年通り、名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで行われました。
結果は、通算9アンダーでホールアウトした近藤智弘icon藤田寛之iconがプレーオフに突入し、これを制した近藤智弘iconが通算4勝目を達成しました。
男子ツアーも、この辺の世代の選手が活躍してくれないと盛り上がりませんねぇ。

ともあれ、近藤智弘iconにとっては嬉しい地元での勝利。これを機に更なる飛躍を果たし、ハニカミ王子icon一辺倒のマスコミの目を奪う位になって欲しいもんです。爽やか系のイケメンだから、万人受けしそうなもんなんですが・・・


女子の方は『クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャル』が京葉CCで開催。
コチラもプレーオフに突入する熱戦となり、古閑美保iconがそれを制して、今季初勝利。開幕から上位を賑わし、好調をキープしていましたが、ついに来ましたね。ここからエンジン全開となるでしょうか?
但し、今年の賞金女王レースは今のところ混戦模様。昨年の今頃は全美貞iconがいっちゃうかなぁ〜って空気があったのとは大違いで、まだ2勝を上げている選手はいません。ってなわけで、まだまだ混戦ムードってところでしょうか。


とこんな感じでGWは男女ともにプレーオフとなり、先週の戦いへ。

男子は初の海外開催試合となった、パインバレー北京オープン。コチラはアジアツアーとの共催イベントとなっており、参加選手も横文字が多い。近いとはいえ海外移動の上、次の週は日本プロとあって、日本の有力どころでも参加していない選手が多かったようだ。この辺もテレビ中継が無かった一因か?
石川遼iconってだけで中継をしないほどバカじゃないでしょうし。

さて、試合のほうは前週の中日クラウンズで惜しくも勝利を逸した、藤田寛之iconが通算12アンダーで逃げ切り勝利。約3年ぶりとなるツアー通算6勝目を挙げた・・・って、まだ6勝目だったのね。
もっと勝っているかと思ってました。いや、もっと勝っていてもおかしくない選手のはずなんですよねぇ・・・
余談ですが、藤田寛之iconは優勝したらそのパターは使わないというゲン担ぎをしているそうで、テレ東系列のゴルフ番組で金子柱憲&室田淳iconに「そのゲン担ぎしてなきゃ10勝とっくに出来てるよ!」って突っ込まれてましたね。ひょっとしたらここのところの好調は、このツッコミが利いてるのか?


女子の方は、今年から公式戦格上げとなった『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』が東京よみうりCCで行われました。
女子の方は先週に引き続いてプレーオフに突入。それを制したのは、かつての賞金女王・福島晃子icon。先週も単独4位と調子を上げてきたところでメジャーで1勝。一気に賞金ランキングトップに躍り出ました。
福島晃子iconの勝利数は海外も合わせると25勝目ですが、意外なことにメジャーは11年ぶりとのこと。
ま、その11年間は自身の海外挑戦と、その後の怪我も重なってメジャーとは縁が無かったのですが、まだまだスケールの大きなプレーと存在感は健在といったところでしょうか。

[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 00:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
先週末のゴルフツアー
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
先週末はアメリカではマスターズ、国内女子はスタジオアリス女子オープンが開催されました。

が、そもそも私、近年の『マスターズ』にはあまり興味がもてなくなってきているので、ハッキリ言って情報はほぼスルーです(苦笑)

とりあえず、タイガー・ウッズicon偏重の日本のマスコミに辟易しているのが正直なところなので、南アフリカのイメルマンが良い勝ち方をしたのは良かったかなと。ま、プレーを見ていないのでなんともいえませんが。


あと、スタジオアリスは韓国の人が勝っちゃいましたね。古閑美保iconも頑張ってたんですけどね。

ここ数年、女子ツアーは若手がメキメキ力をつけて活況を呈してきましたが、彼女たちはすぐに海外に行ってしまいます。そして、今年は国内では出稼ぎに来た韓国勢ばかりが上位に食い込む展開の試合が多いです。
こんな試合が続くと、女子ツアーの活況も下火になりやしないかと心配です。まあ、女子もメジャーがあったりと国内の有力選手も渡米していたので、ここ数週間は仕方ないんですけどね・・・

国内居残り組の奮起を期待します。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 21:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
パールオープン in Hawaii
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
先週末、ハワイのパールCCでは現地のローカルトーナメントである『パールオープン』が行われた。本田宗一郎氏の発案によってスタートした大会で日本のプロにとっては、割と馴染みのある大会である。

結構、シーズン前の調整に出てくる選手も多く、ハニカミ王子・石川遼iconをはじめ、矢野東icon星野英正iconといった中堅どころも出場しています。

今年の大会は、日本のプロが優勝争いを繰り広げる大会となりました。前出の矢野東iconが初日から首位を走り、室田淳icon星野英正iconが追いかける展開となりましたが、最終的には矢野東iconが通算−12まで伸ばし、2打差をつけての完全優勝。今シーズンの日本ツアーや本人が『今年の目標』と掲げた、アメリカツアーの予選会突破に向けて弾みをつけた。

やっぱり注目は石川遼iconに集まりましたが、最終日は最終組の2組前からのスタートと逆転優勝の望みもあったのだが、バーディーは出るもののボギーも叩く出入りの大きいゴルフで、−6・単独10位でのフィニッシュとなった。
とはいえ、立派にベスト10入りして、プロ初賞金ゲットとなった。日本ツアーの開幕に向け、大きな自信と手応えを掴んだ大会となったことだろう。

また、注目度は石川遼iconに劣るものの、前粟蔵俊太もこの試合がプロデビュー戦。こちらは−3で17位タイとまずまずの成績で終了。
彼の場合はマンデーや推薦枠での出場、チャレンジツアーなどの下部ツアーでの活躍が当面の目標となるだろうが、デビュー戦でまずまずの成果を残せたのは良い励みになるでしょう。

こうやって、若い世代がどんどん台頭してくれば、男子ツアーも80〜90年代のような活気を取り戻すと期待して見て行きたいものです。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 23:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
祝!W上田でW初優勝!!
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
今週の男女ゴルフトーナメント、W上田でW初優勝か・・・
と注目してみていましたが、なんと現実のものとなりました。
かたや後続を突き放しての完全優勝、かたや接戦に持ち込まれながらも粘りを見せての優勝でした。

<女子ゴルフ:ライフカードレディス:熊本空港カントリークラブ
icon(6423ヤード、パー72)>
地元の声援にも後押しされた、上田桃子プロが初日からの首位の座をキープし、ただ1人のアンダーパー、2位に6打差をつけての圧勝となりました。攻撃的なゴルフで、パーオンを逃してもアプローチで果敢にピンを狙い、2つのチップインバーディーを決め、最終ホールも見事バーディーで締めくくりました。初優勝とは思えない、強さを見せての優勝に今後も期待大ですね!
また、改めて若手の層の厚さを感じる試合ともなりました。単独2位には19歳の原江里菜プロ、4位タイにも有村プロや諸見里プロといった、上田桃子プロと同世代の選手が入っておりました。やはりこの世代の筆頭は宮里藍プロですが、彼女に引っ張られる形でどんどん伸びてきていますね。先が楽しみです。

<男子ゴルフ:東建ホームメイトカップ:東建多度カントリークラブ・名古屋
icon
今日も風が強かったのか、上位があまりスコアを伸ばせず接戦となりました。近隣の三重県北部で今日はお昼過ぎに震度5強を記録する強い地震があったので、試合への影響も心配されたのですが、無事に試合は行われた模様です。
終わってみれば1打差の接戦となったものの、初日から首位に立っていた上田諭尉プロがスコアをキープして首位を守りきり、見事プロ初優勝を飾りました。圧巻は最終ホールのセカンドショット。この最終ホールは軽く右にドッグレッグしている上、グリーン手前には池。しかもその池の手前には立ち木まであり、絶対に右サイドへのミスは出来ないホール。そこで上田諭尉プロは右サイドのバンカーにティーショットを打ち込んでしまいました。
プレーオフ、あるいは追い上げてきた韓国の若手・ドンファンの大逆転かと思われた次のショットで「これぞプロ!」という素晴らしいショットを放ちピンチ脱出。パーをセーブして、上田諭尉プロが初優勝を手にしたのでした。

今週優勝を飾った二人に共通するのですが、プロゴルフの魅力は、やはり積極的な攻めの姿勢、攻めのゴルフだと思っています。
セカンドをミスしてグリーン手前に落としても、そこからオーバーを恐れず果敢にカップを狙う姿勢、ボギーが許されない難しい状況下で、無難にトラブルを脱出するのではなく、もてる限りの技術を駆使してバーディーを狙っていく姿勢。
必ずしも攻撃ゴルフが必勝法ということはありませんが、そういったプレーにわれわれアマチュアゴルファーは尊敬の念を抱き、賞賛を送るのです。
アマチュアの手本になるのもプロならば、アマチュアに真似の出来ないプレーを魅せるのもまた、プロゴルファー、特にツアープロの仕事だと私は思います。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 23:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今日もW上田が粘りを見せる!!(男女ゴルフ)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
今週は男女ゴルフトーナメント、今日もW上田プロが首位を守っている。
今日は昨日の快進撃と打って変わって、両者とも(というか殆どの選手が)我慢のゴルフを強いられる苦しい展開の中で、首位の座を守っている。

<女子ゴルフ:ライフカードレディス:熊本空港カントリークラブ
icon(6423ヤード、パー72)>
昨日は好スタートを決めた上田桃子プロであったが、そこは九州屈指の難コース。今日は1人勝ちとは行かなかったものの、71とまとめ2打差の単独首位。いよいよ初優勝が現実味を帯びてきました!
一方、初日出遅れてしまった辻村プロは調子が上がらず、予選落ちを喫してしまった。「こんな日もあるさ」と開き直って、次回以降の試合で頑張ってもらいたいものである。

<男子ゴルフ:東建ホームメイトカップ:東建多度カントリークラブ・名古屋
icon
開幕戦から景気良く、ハイスコアでの争い・・・とおもったら、ゴルフの神様は今日はご機嫌斜めだったようだ。
10m/sを越す強風の中、軒並みスコアを崩し、最終組で回った深堀プロは8打も落とすという厳しいコンディション。単独首位でスタートしたの上田諭尉プロもスコアを崩してしまった。しかし、上田諭尉プロは終盤の16・17番で連続バーディーと盛り返し、3打落としたものの単独首位の座はキープし、後続とも3打差をつけている。
最終日は、大ベテランの室田プロと、この日69の好スコアをマークし勢いのある武藤プロと最終組で争う。天候しだいでなんともいえないが、今日のような粘りのゴルフを展開すれば、初優勝も夢ではない。

W上田でW初優勝・・・が、現実味を帯びてきた土曜日のラウンドであった。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 00:36
comments(0), trackbacks(1), pookmark
W上田が躍進!!(男女ゴルフ)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
今週は男女ともに試合が行われているが、いずれでも【上田】プロが好発進を決めている。

<女子ゴルフ:ライフカードレディス:熊本空港カントリークラブ
icon(6423ヤード、パー72)>
九州屈指の難コースで、上田桃子プロが唯一のアンダーパーで上がり、2打差の単独首位。ぜひともこの勢いを最終日まで持続して、初優勝に期待したい。
ちなみに、辻村プロは出遅れてしまったようだ・・・なんとか、今日巻き返して日曜日まで残って欲しいものである。

<男子ゴルフ:東建ホームメイトカップ:東建多度カントリークラブ・名古屋
icon
こちらは男子開幕戦の2日目。初日を終えて5アンダーで並んだ4人の内、ツアー未勝利の上田諭尉プロが65のハイスコアをマークし、トータル11アンダーで2位に4打差をつける首位に立った。
ちなみに、諭尉と書いて「ゆい」と読むとのことで、女の子のような名前ではあるが、ゴルフの方は打って変わって、男子プロの中でも屈指の飛ばし屋である。
ちなみに、ジャンボ尾崎も5位タイと踏ん張っている。このまま好調をキープして、元気な姿を見せ続けて欲しいものである。

いっそこのまま、W上田でW初優勝・・・となるかどうか、今日明日のプレーが見ものである。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 11:48
comments(0), trackbacks(1), pookmark
今週のゴルフ(東建ホームメイト&ライフカード)
[PR]楽天GORA限定情報で、お得にゴルフができる!ゴルフ場予約は『楽天GORA』 [PR]
女子ツアーの開幕戦以降、プチ追っかけになってしまっている辻村プロであるが、今日開幕のライフカードレディースに出場する。
地元の九州開催ということで、随分気合も入っているようですよ。

このライフカードレディース、注目はこちらも地元排出の強豪、不動裕理プロの連覇なるかというところですが、先週惜しくも初優勝を逃した上田桃子プロや古閑美保プロも熊本は地元なんですよね〜
ほかにも九州勢はたくさんいるし、みな気合は相当入ってるでしょうね。九州屈指の難コースといわれる、熊本空港カントリークラブでの開催だけに、どう攻略していくのか見もの。

一方、男子もようやく開幕戦を迎えた。
オフに手術を決行したジャンボ尾崎も元気なようだ。
初日を終えて、藤田寛之プロや立山光広プロが−5で首位タイに並んでいる。週末の天候が心配だが、いきなりのハイスコアでの争いが見られそうである。いや、ぜひハイスコアの争いを繰り広げて欲しい。
なんたって、男子ツアーの魅力は、バーティーやイーグルをガンガン狙って、攻撃的にハイスコアで争う試合である。
ぜひとも、そういう試合が見たい。
[PR]全国約99%のゴルフ場データ収録[PR]
author:キリ, category:ゴルフ−プロ全般, 10:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
<広告>
安心安全なアフィリエイト